beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

流経大柏で先発チャンスも掴んだ1年生FW橋本清太郎「後半戦ではゴールや結果出してチームに貢献したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

流通経済大柏高期待の1年生FW橋本清太郎

 全国高校サッカー選手権で2年連続準優勝の流通経済大柏高(千葉)が、インターハイ出場を逃した夏から秋・冬の巻き返しへ向けてスタートを切っている。今年、1年生ながら先発起用されるなど注目度を高めているFW橋本清太郎(1年)が、秋・冬のシーズンへ向けた意気込みや、ニューカラーコレクション『HARDWIRED PACK(ハードワイヤードパック)』が登場したadidas社製フットボールスパイクの『PREDATOR(プレデター)』の感想などについて語った。

―普段は『X』を履いているというが、『PREDATOR』を履いた感想を教えて下さい。
「『X』は軽くて動きやすいなという感覚で履いていたんですけれども、『PREDATOR』は履いた瞬間にフィット感が凄くて、自分の足に合っている。自分はシュートとか、キックとかコントロールとかが特長なので、『X』よりも『PREDATOR』の方がプレースタイルに合っているかなと思って『PREDATOR』を履いてみたら良かったです」

―今まで『PREDATOR』を履いてみようとは思わなかった?
「『ACE』の時は履いていたんですけれども、『PREDATOR』に変わってからあまり履いていなくて。でも、今日履いたら良かったです」

―特にフィット感が良いと感じた部分は?
「足首の締め付けのところや、全体的に良い感じで締まっていました。僕は切り返しとかも良くやるので、やりやすくて良かったです。(ポイントの刺さり具合も)悪くなかったです」

―普段スパイクを選ぶ時に求めるところは?
「最初はデザインを見ちゃったりするんですけれども、自分は合う・合わないがあるのでフィットなど重視しています」

―この『PREDEATOR』は自分のどのような特長を引き出してくれる?
「自分は足元で収めたり、くさびのボールを落としたり、ラストのシュートフェイントのところで切り返したり、そういう部分を出せるかなと思います」

―ブルーのデザインについては?
「格好良いと思います」

―『PREDATOR』にもっと求めたいところはある?
「ちょっと重い感じがあるので、もう少し軽かったらもっと良いかなという感じですけれども、フィットしているので大丈夫かなと思います」

―今年の前半戦の感想を教えて下さい。
「自分は途中交代やスタメンとか結構出させてもらっているんですけれども、得点を期待されている中で1点も獲れていなくて、アシストしかできていない。チームに迷惑をかけていることが多いので、もっと後半戦ではゴールや結果出してチームに貢献したいと思います」

―1年から出番を得たりしているのは予想通り?
「入学前からそれは狙ってやってきたので、もっと出なければいけないと思っていたんですけれども、出れていることは大きいかなと思っています」

―なぜ横浜FCから流経へ?
「自分はもう高校サッカーに行きたいとずっと思っていて、プレミアでやっている流経で、(周囲も)結構推してくれたんで、ここでやろうと思って来ました」

―(横浜FCジュニアユースから青森山田を経て横浜FCトップチームへ戻る)古宿(理久)のように。
「憧れますね」

―どのような選手になりたい?
「この選手というのはないんですけれども、FWをやっている以上はもっと点を獲らなければいけないし、自分、アシストするのも好きなので、チャンス作ったり、ゴールに関われるプレーをしたいです」

―自分のどのようなプレーを見て欲しい。
「身長があるので収める時の身体の強さだったり、あとゴール前の最後の1対1とか見て欲しいです」

―ゴールに向かってグイッと行くところが良いと思って見ているが?
「それは、自分のやりたいプレーですね」

―課題は?
「守備で全然強度が緩かったりとか、あとスピード感についていけていない訳じゃないですけれども、単純なミスが多かったり、簡単なミスで流れを崩したりしてしまっている。チームを悪い方に持っていってしまっているので、もっとしっかりやるところはやって、ゴール前では自分のやりたいプレーをもっと簡単にやったら良いかなと思います」

―後半戦の目標を。
「もっとゴールやアシストを増やしてチームに貢献したいです。選手権は去年ずっと見ていて憧れの場所でありますし、絶対にメンバーに入ってスタメン取って出れるようになりたいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP