beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷の酒井宏は3戦ぶり先発復帰も…苦痛の表情で途中交代、マルセイユはスコアレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹は3試合ぶりに先発復帰も…怪我は完治しておらず?

[9.24 リーグアン第7節 ディジョン0-0マルセイユ]

 フランス・リーグアンは24日に第7節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは敵地でディジョンと対戦し、0-0のスコアレスドロー。3試合ぶり先発復帰の酒井は右サイドバックでプレーし、後半33分に途中交代した。

 9月の代表ウィーク明けからリーグ戦で欠場していた酒井。現地メディアによると、日本代表での試合で負傷して左ふくらはぎを痛めたことで、アンドレ・ビラス・ボアス監督が起用しないことを決めていたという。結果、第5節・モナコ戦と第6節・モンペリエ戦ではメンバー外となっていた。

 復帰戦となった今節ではセンターバックでの起用も伝えられていたが、試合では主戦場である右サイドバックでプレー。しかし後半15分に相手選手と交錯すると、苦痛の表情で痛めた箇所を押さえ、その場に倒れ込んでしまう。一部報道にあった左ふくらはぎではなく、右太もも裏を痛めた様子だったが、後半33分には途中交代となった。

 試合は両者相手陣内に攻め込むも、ゴールは割れず。スコアレスドローとなった。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP