beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

パワハラ認定に揺れる湘南…筆頭株主2社もコメント発表、「明確なルール作りが急務」

このエントリーをはてなブックマークに追加

パワハラ行為が認められたチョウ・キジェ監督

 湘南ベルマーレは4日、チョウ・キジェ監督にパワーハラスメント行為があったと認められたことを受け、記者会見を実施。公式サイトでは、筆頭株主の株式会社メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズの2社であるRIZAPグループ株式会社、株式会社三栄建築設計のコメントも掲載した。

 Jリーグは同日、チョウ監督のパワーハラスメント疑惑について、弁護士4人で構成する調査チームの報告書を報道陣に公開。その内容とともにパワーハラスメントの存在が認められたことを発表した。チョウ監督に対しては公式戦5試合の出場資格停止処分とけん責処分。クラブにはけん責と制裁金200万円の処分が下されている。

 RIZAPグループは公式サイトで、「今回の一連の騒動では色々とご心配をおかけいたしました。当社グループにおきましては、パワーハラスメント行為につきましては許されるものではなく、あってはならないと考えております」と今回の騒動についての考えを説明。「今回のJリーグの調査を通じて一定の結論をみました。RIZAPグループの湘南ベルマーレとして本件の結論を真摯に受け止め、改善すべきことは徹底して改善し、反省すべきことは反省し、いい節目になったと受け止め、前に向かって進んで参ります」と伝えた。

 さらに「湘南ベルマーレのスローガンは『たのしめてるか。』。私たちは、どんな時でもスポーツを『たのしめてるか。』を大切にします。残り7節楽しみながら必ず結果を出す。総力を挙げて、試合に挑むことで良い結果が出ると信じています。そうする事で、今回の一件が日本におけるスポーツ業界の底上げになると思い突き進んで参ります」と今後への期待を語っている。

 三栄建築設計は公式サイトで「本日、Jリーグの会見が行われましたが、その内容については、筆頭株主としてコメントは控えさせていただきます」とし、「『プロスポーツ』という独特の厳しい世界の中で、すべての責任が監督にあるということはなく、一部行き過ぎた行為はあったにせよ、指導者のパワハラの線引きは非常に難しいものと認識しており、スポーツ界全体で、明確なルール作りが急務であると考えております」と問題解決を強く訴えた。

 チョウ監督については「湘南ベルマーレはJリーグからの処分を受け、今後の指揮について未定ではありますが」と前置きをしつつ、「湘南ベルマーレのプレースタイルに大きな影響を与え、チーム強化に尽力してきたことは間違いなく、チーム及び曺監督は既に、長い時間の中で反省していることも踏まえ、さらに皆さまから愛されるプロサッカーチームとして改善し、再び指揮を執っていただくことを当社は期待しております」と復帰への期待を述べている。

「現在、チームは厳しい状態ではありますが、本件を節目として、再び『湘南スタイル』で勝ち星を積み重ねて頂けると信じております。湘南ベルマーレを応援しておりますサポーターの皆様、関係各所の皆様とともに、再び『感動を与える湘南ベルマーレ』を信じてチームを支えてまいる所存でございますので、引き続きチーム、そして監督を信じて応援いただけます様、よろしくお願いいたします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP