beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ北海道]注目のPO残り1枠は旭川実が獲得:最終節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北海道は6日、最終節を行った。

 プリンス北海道のプレミアリーグプレーオフ出場枠は『2』。すでに北海道コンサドーレ札幌U-18の優勝が決まっているため、残り1枠の争いが注目されていた。

 勝ち点28で最終節を迎えた2位の旭川実高と3位の札幌一高。旭川実は終盤に連続失点したが札幌大谷高に4-2で勝ち、札幌一も帯広北高との打ち合いを5-4で制してともに勝ち点31とした。この結果、得失点差で上回った旭川実の2位が確定し、プレーオフ出場権を獲得している。

 以下、最終順位と最終節の結果

【順位表】
1.札幌U-18(34)+47
2.旭川実(31)+23
3.札幌一(31)+20
4.駒大苫小牧(22)+14
5.札幌大谷高(18)-7
6.札幌創成(16)-5
7.帯広北(10)-24
8.白樺学園(1)-68

【第14節】
(10月6日)
[東雁来公園(東)]
札幌大谷高 2-4 旭川実
[札]佐々木康佑(82分)、鈴木浩人(90分+3)
[旭]会津快斗(3分)、村口幹汰2(19分、32分)、河合駿樹(30分)


札幌U-18 0-1 駒大苫小牧
[駒]谷平匠(86分)

[東雁来公園(西)]
札幌創成 3-2 白樺学園
[札]青木昂大(17分)、福士豊樹2(45分、47分)
[白]椿和真2(35分、60分)


札幌一 5-4 帯広北
[札]近江勇哉2(10分、77分)、岩井一真(61分)、清水響生(65分)、魚住俊策(79分)
[帯]川村凌斗(17分)、村上友音(25分)、高橋温希2(32分、90分+1)



●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP