beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年の経験者、成立学園SB豊田優磨「選手権は相手どうこうよりも1回戦目が一番難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

成立学園高SB豊田優磨はインハイ予選を欠場した悔しさもぶつける

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。磐田内定FW吉長真優(3年)擁する成立学園高は、10月14日の東京都Aブロック予選初戦で駿台学園高と対戦。05年度以来14年ぶりの全国大会出場を目指した戦いをスタートさせる。

 右SB豊田優磨(3年)は2次予選に進めなかったインターハイ予選を負傷欠場。昨年の経験者でサイドの攻防戦で強さを発揮する豊田が、悔しさをぶつける舞台でもある選手権予選への意気込みなどを語った。

―インターハイ予選は、怪我で出場できないまま敗退
「負けた時はショックというか、見ていられなかったです」

―夏前の復帰後はその悔しさを持って過ごしてきた。
「そこは落とさないで前向きに、選手権もTリーグ(東京都1部リーグ)もまだあるから3年生として頑張るしか無いと言う感じでした」

―去年から公式戦を経験している。選手権の難しさを知る一人。
「選手権は相手どうこうよりも1回戦目が一番難しい。初戦が一番大事。初戦勝てれば自分たちも流れに乗れると思うので、そこは初戦を大事にして全国に行けたらいい」

―どのようなプレーをしたい?
「自分の特長は運動量。オーバーラップを何回もして、守備力も自分の中ではウリにしているんですけれども、1対1では負けないでチームに貢献できたらいい」

―東京には良いアタッカーがいるが?
「(サイドの攻防では)負けません」

―ずっとSBをやってきた?
「中学校の時はFWかSHをやっていて(成立ゼブラFCの)五十嵐監督にSBにコンバートされてそこからずっとやっています」

―経験もある選手として、責任感を持ってプレーしている。
「経験もあるのでチームを引っ張れたら。練習の中でもリーダーシップを発揮して、2年生とかにもやる気を出させてみんなで全国に行けたら良い」

―昨年は照山(颯人、現仙台)君と最終ラインでともにプレー。
「信じられないですね。テルくんとかと隣でやっていて、改めて凄い人と隣でやっていたなと実感しました」

―プロ入りした先輩たちでも行くことのできなかった全国へ。
「去年は準決勝で大成に負けちゃったんですけれども、今年も準決勝まで行ったら(國學院)久我山とか実践(学園)とかと戦うと思うんですけれども、逆にプラスに捉えて準決勝で勝って、決勝への流れに乗って勝って全国に出場できたら良い」

―目標は?
「全国出場で成立学園の名を広めていきたいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP