beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CB-SB間で次々ピンチ…予選デビューDF植田「僕が声を出してハッキリさせないと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表DF植田直通(セルクル・ブルージュ)

[10.15 W杯2次予選 日本3-0タジキスタン ドゥシャンベ]

 ロシアW杯予選でも常連メンバーだった日本代表DF植田直通(セルクル・ブルージュ)だが、出場するのはカタールW杯2次予選タジキスタン戦が初めて。それでも「W杯予選という感じではあまりなく、一つの試合で全力でやろうと思っていた」と平常心で臨んでいたという。

 もっとも、センターバックとしては序盤から厳しい対応を迫られていた。相手が4-1-4-1と4-3-2-1を自在に動かすような布陣を採用する中、2列目の選手が次々とSBとCBのギャップにフリーラン。ボランチのカバー範囲の時点で遅れを取っていたため、植田だけを責められないが、不利な体制でボールを処理する場面が多々あった。

「相手の映像を見てもあの間をランニングされる部分があるのは分析でもわかっていたし、そこをボランチにつかせるのか、自分たちが行くのかをもっとはっきりさせられればよかった。もっと僕が声を出してハッキリさせないといけないと思った」。試合後、背番号2はそのように反省を語った。

 一方、DF長友佑都の助言も受けて修正を施したという。「そういう意見を取り入れながら試合中に改善できればいい」。そう振り返る植田については長友も「出るところ、相手を潰すところ、引いて守るところを彼自身が学んだと思うし、良い経験ができたと思う」と指摘。DF冨安健洋の離脱があったCBだが、チームの底上げという意味では実りある機会となったようだ。

(取材・文 竹内達也)
●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP