beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

台風被害の浦和、ボランティアの申し出受けるも「残念ながらお願いできる状況にありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和が台風19号による被害を報告

 浦和レッズは17日、『令和元年台風19号』による被害状況を発表した。

 クラブは公式サイト上で「このたびの『令和元年台風19号』により被害にあわれたみなさまに、心からお見舞い申し上げると共に、1日も早い復興をお祈りいたします」とした上で、現在の被害状況を報告している。

「浦和レッズにおいても、今回の台風により関連施設において、被害が発生しました。埼玉スタジアムの東駐車場の冠水や大原サッカー場『サポーターズカフェ』の浸水が発生しましたが、既報のとおりレッズランドにおいて深刻な被害が発生しております」

 クラブによると、レッズランドでは被害状況の確認と復旧作業に向けての手配や準備を行っているが、施設内は汚水やヘドロにより衛生状態がよくなく、作業関係者以外は立入禁止となっているという。多方面から復旧ボランティアの申し出があったものの、「現時点では残念ながらお願いできる状況にありません」と伝えている。また、義援金等の募集については現在、関係団体と調整中となっているようだ。

 クラブは「みなさまからのご支援につきましては、体制が整いましたら、浦和レッズのオフィシャルサイトおよびレッズランドオフィシャルサイトでお知らせいたしますので、引き続きよろしくお願い申し上げます」としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP