beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先発の1年生3人や交代組も活躍。層の厚さ示した仙台育英が健闘・利府を退けて3連覇王手!:宮城

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半12分、仙台育英高は1年生FW佐藤遼(15番)が先制ゴール

[10.27 選手権宮城県予選準決勝 仙台育英高 4-0 利府高 ユアスタ]

 1年生も活躍の仙台育英が3連覇へ王手――。第98回全国高校サッカー選手権宮城県予選準決勝が27日に行われ、3連覇を狙う仙台育英高と4強唯一の公立勢・利府高が対戦。仙台育英がFW佐藤遼(1年)の先制ゴールなどによって4-0で快勝し、聖和学園高との決勝(11月3日)へ進出した。

 試合は前半12分に動いた。仙台育英はMF杉田輝稲(3年)のFKをFW中山陸(3年)が頭で中央へ送る。これを太ももでコントロールした佐藤遼が反転しながら前進。そのまま右足シュートをゴール左隅にねじ込んだ。

 1年生ストライカーの3試合連続ゴールでリードを奪った仙台育英は、一気に畳み掛けようとする。左の豊倉博斗(2年)と右の明石海月(1年)の両SHがポイントとなり、積極的な攻め上がりを見せた左SB小林虎太郎主将(3年)のクロスや右SB内山恵達(2年)のアーリークロス、また杉田のロングスローなどで利府にプレッシャーをかける。

 だが、利府はサイドの攻防で相手に入れ替わられずに対応するなど健闘。また、局面に人数をかけたディフェンスから、体の強いMF衣川遥斗(2年)やMF鈴木格(3年)がボールを奪って一気に前に出る。そして、堂々のプレーを見せていたCB浅野楓葵(1年)の配球や左SB鈴木樹(1年)の縦突破などからゴール前のシーンも作り出していた。

 仙台育英は前半終盤から後半立ち上がりにかけて昨年からの経験者である豊倉や、個でDFを振り切る佐藤遼が決定的なシュートを打ち込んだが、利府はDF陣が最後まで諦めずに体を投げ出してシュートコースを限定。GK村山勇輝(3年)の好守もあって1点差のまま食い下がる。

 だが、仙台育英は城福敬監督が「2点目がポイントだと思っていた。あれで凄く楽になった」という2点目で利府を突き放す。後半17分、前線への配球からペナルティーアークで前を向いた豊倉が斜めのスルーパス。これを投入されたばかりのFW吉田健太(2年)が左足で決めて2-0とした。

 仙台育英は14分に同時投入された吉田とMF中楯寛太(3年)が流れを変える働き。中楯のスピードある仕掛けによって仙台育英は右サイドでの攻勢を強め、吉田のゴールで食い下がる相手に大きなダメージを負わせた。

 仙台育英は22分にも豊倉が決めると、26分にはMF渡邊弘和(2年)の左CKを「ボールをさばける。基本技術のある頼もしい1年生」(城福監督)という180cmMF島野怜(1年)が左足で合わせて4点目を奪う。新人戦、インターハイ予選でともにベスト16で敗退した悔しさを糧に勝ち上がってきた利府だったが、得点を奪い返す力は残っていなかった。

 仙台育英は「短い時間でも使えばドンと伸びてくる」と語る城福敬監督の下、選手権予選3試合で登録のフィールドプレーヤー20人以上が起用されたという。この日は島野、佐藤遼、明石と先発した3人の1年生がそれぞれ特長を発揮。先発選手に相応しいプレーで勝利に貢献した。

 彼らと同じく1年時から先発を経験しているGK佐藤文太(3年)は、「(1年生は)アグレッシブで元気があって、凄く頼もしいです。自分も1年生の時に出させてもらって先輩たちに支えてもらっているので、今度は自分が支えていきたいと思っています」。下級生たちのエネルギーとそれを支える上級生がミックスして、バランスよく戦うことができているようだ。

 決勝は前回大会に続き、聖和学園と対戦。小林は「(後半終了2分前に先制されてアディショナルタイムに追いついた)去年の決勝のように、何があるか分からないので最後まで走ったチームが勝つし、聖和相手なので厳しいゲームになると思うんですけれども、しっかりと守って得点を取れれば良いと思います」と力を込めた。

 東北屈指のGK佐藤文やCBとSBを兼任する実力派DF小林、CB中川原樹(3年)ら安定した守備陣と勢いのある下級生たち。指揮官は「日頃やっている球際の強さなどをゲームを通してやり通せるか」。ドリブル中心に多彩な攻撃を繰り出してくる聖和学園に対して身構えるのではなく、起用された選手たちが走って、自分たちのやるべきことを貫いて、3連覇を達成する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP