beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[東海]名古屋内定MF児玉が2連弾…東園大が3発完封! 2位常葉大も接戦制す…中京大と四日市大は痛み分け:第20節

このエントリーをはてなブックマークに追加
第58回東海学生サッカーリーグ1部


 第58回東海学生サッカーリーグ1部は2日に第20節を行った。

 首位の東海学園大は4位の静岡産業大と対戦し、3-0で勝利。前半42分にDF加藤大貴(4年=東海学園高)が先制点を決めると、後半5分、41分とMF児玉駿斗(3年=中央学院高/名古屋内定)が2連弾で点差をつけた。

 2位の常葉大は7位の岐阜協立大に2-1で勝利。前半は常葉大FW土井智之(4年=神戸弘陵高)が先制点を決めるが、岐協大もFW重松寛太(2年=星槎国際高湘南)が同点弾を決める。1-1で迎えた後半5分、常葉大はMF村山健(3年=神戸弘陵高)が勝ち越し点を挙げ、接戦を制した。

 3位中京大と5位四日市大は3-3のドロー。四日市大は後半16分までに3-0とリードを広げるが、中京大は同37分から猛反撃に出る。DF秋山仁(1年=藤枝明誠高)が1点を返すと、42分にはFW久保藤次郎(2年=帝京大可児高)がゴールを決めて2-3と1点差に縮めた。

 そして中京大は後半アディショナルタイム2分過ぎ、MF加藤弘也(3年=中京大中京高)が試合を振り出しに戻す3点目を挙げる。3点ビハインドから反撃に成功し、3-3で試合終了。両者で勝ち点1を分け合う形となった。

 1位東園大、2位常葉大、3位中京大の順位は変わらず。静産大が4位から5位に、また四日市大が5位から4位と順位を逆転させている。

結果は以下のとおり
【第20節】
(11月2日)
[名古屋学院大瀬戸キャンパス第2グラウンド]
名古屋学院大 0-3 愛知学院大
[愛]濱田竜輝2(22分、46分)、守永翔貴(74分)

名古屋商科大 3-2 愛知学泉大
[名]久保建人(6分)、田中優(21分)、服部隼大(83分)
[愛]太田雄大(65分)、五十嵐海洸(79分)

[安久路公園多目的グラウンド]
東海学園大 3-0 静岡産業大
[東]加藤大貴(42分)、児玉駿斗2(50分、86分)

常葉大 2-1 岐阜協立大
[常]土井智之(4分)、村山健(50分)
[岐]重松寛太(16分)

[岐阜県フットボールセンター]
中部大 3-3 名古屋経済大
[中]亀山隼大(8分)、高橋卓寛(20分)、中西智哉(74分)
[名]駒村凌2(26分、50分)、伊藤祐貴(72分)

中京大 3-3 四日市大
[中]秋山仁(82分)、久保藤次郎(87分)、加藤弘也(90分+2)
[四]大山幸央(29分)、中島郷(35分)、石崎柾(61分)

●第58回東海学生1部L特集

TOP