beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUがGL突破!マルシャルら前線3人が得点、浅野先発パルチザンに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドはアントニー・マルシャルらのゴールで快勝

[11.7 EL第4節 マンチェスター・U 3-0 パルチザン]

 ヨーロッパリーグ(EL)は7日、グループリーグ第4節を各地で行った。L組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はホームでFW浅野拓磨の所属するパルチザン(セルビア)と対戦し、3-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めた。なお、左MFで先発した浅野は、後半24分までプレーした。

 2勝1分でグループ首位のユナイテッドは、2日のボーンマス戦(0-1)から4人を変更。GKセルヒオ・ロメロとDFマルコス・ロホ、MFフアン・マタ、FWメイソン・グリーンウッドが先発に入った。1勝1分1敗で3位のパルチザンは、前回対戦から1人を変えてDFアレクサンダル・スチェキッチが起用された。

 立ち上がりからボールの主導権を握るユナイテッドは前半3分、敵陣中央で縦パスを受けたFWマーカス・ラッシュフォードが巧みなボールコントロールからスルーパスを送り、FWアントニー・マルシャルが左足でゴールネットを揺らすがオフサイドの判定。5分にはDFハリー・マグワイアのパスミスからピンチを招いたが、最後はオフサイドで事なきを得た。

 ユナイテッドは前半9分、スルーパスからPA左へ抜け出したマタが鋭い切り替えしで相手をかわし、折り返したボールをラッシュフォードが左足シュート。これはGKウラジミール・ストイコビッチの好セーブに阻まれたが、ラッシュフォードやMFフレッジが積極的にシュートを打ち込むと、期待の18歳が均衡を破る。

 前半22分、ラッシュフォードがPA左手前で相手を引きつけて右足アウトでPA右へラストパス。これを受けたグリーンウッドがGKストイコビッチの逆を突く左足シュートを沈め、先制に成功した。

 これで勢いに乗ったユナイテッドは前半33分、相手のクリアボールがグリーンウッドに当たってPA右手前にこぼれると、マルシャルが細かいタッチで相手のプレスを華麗にかわし、最後はGKストイコビッチに間合いを詰められながらも右足シュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、2-0とした。

 前半だけでシュート10本を放ったユナイテッド。後半4分、右からマタがPA左へ大きく展開し、DFアシュリー・ヤングがダイレクトで緩いゴロのパスを右に送る。これをゴール前に走り込んだラッシュフォードが左足一閃。ニア上に突き刺し、3-0とリードを広げた。

 これで余裕が生まれたユナイテッドは後半18分にフレッジを下げてMFジェームズ・ガーナー(18)、22分にはラッシュフォードに代えてMFアンドレアス・ペレイラを投入する。30分にはMFスコット・マクトミネイが右足首あたりを痛め、MFジェシー・リンガードとの交代を余儀なくされた。

 その後はボールを保持しながら、焦らずトドメの一発を狙うユナイテッドが後半はパルチザンにシュートを打たせず、3-0のまま完封勝ち。あと2試合を残してグループリーグ突破を決めた。

●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP