beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トゥールーズ指揮官「良くないニュース」復帰目前の昌子が再び負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF昌子源が再び負傷

 トゥールーズのDF昌子源が負傷を再発させたようだ。アントワーヌ・コンブアレ監督が8日の記者会見で明かしたことをフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が伝えている。

 開幕前に左太ももを負傷した昌子は、9月25日のリーグアン第7節アンジェ戦でスタメンとして今季初出場。しかし、同試合で右足首を痛め、再離脱を余儀なくされた。そこから復帰を目指していたが、トレーニング中に再び怪我を負ってしまったようだ。

 コンブアレ監督は記者会見で「彼にとって良くないニュースだ。彼は戻ってくるはずだったが、足首を捻って腫れてしまった。再び検査を行う」と言及している。

 同誌によると、トゥールーズは昌子のほか、DFバフォデ・ディアキテ、DFアグスティン・ロヘル、MFカリドゥ・シディベなど守備陣を中心に負傷者が相次いでいるという。

 チームは第12節を終えて残留圏内ぎりぎりの18位。次節は10日に行われ、敵地でモンペリエと対戦する。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP