beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヘンダーソンが当初の確執を告白「スアレスを殺す準備はできていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWルイス・スアレスとMFジョーダン・ヘンダーソン

 FWルイス・スアレスとMFジョーダン・ヘンダーソンリバプールで良い関係を築いていたが、当初は衝突があったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

 ジェイミー・キャラガー氏のポッドキャストでのインタビューで、ヘンダーソンは当時、スアレスとの間にどんなわだかまりがあったかを語っている。

「当時、僕はまだ若くて、ルイス(・スアレス)がトレーニングでやっていたことのうち、1つか2つ気に入らないものがあったんだ」

「イライラしていて、『彼は何をしてるんだ?』って感じだった。まるで僕がそこにいちゃいけないと言われているようだった。すごく傷ついたし、フラストレーションもたまった。彼がそれを一度二度、そして三度やって、それから怒りが爆発した。彼を殺す準備はできていた」

 当時についてそう胸の内を明かしたヘンダーソンだが、その後は良好な関係を築くことができたという。

「ストーク戦その後の試合で、彼がストーク相手にゴールを決めたことを覚えている。彼は試合前、ルーカスに対して、その週の間に起きた出来事を踏まえて、自分がルーカスのアシストをするよと言っていた」

「その時から、ルイスとはとても仲良くなったんだ。そして最後までずっと本当に親しい関係になった。今も彼とは連絡を取っているよ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP