beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:鵬学園高(石川)

このエントリーをはてなブックマークに追加

3年ぶりの全国出場を決めた鵬学園高

第98回全国高校サッカー選手権

鵬学園高(石川)

鵬学園高関連ニュース


鵬学園高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 1-1(PK4-3)京都橘高(京都)
[得点者]坂本健太
3回戦 0-2 矢板中央高(栃木)
■出場回数
3年ぶり2回目
■過去の最高成績
初戦敗退(16年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
-
■監督
赤地信彦
■主将
MF河村怜皇(3年)
■今季成績
[総体](県4強)
県準決勝 0-0(PK3-4)星稜高
[リーグ戦]
石川県1部リーグ優勝(10勝2分2敗)

■予選成績
2回戦 13-0 小松高
3回戦 3-1 石川高専
準々決勝 0-0(PK7-6)金沢高
準決勝 2-2(PK10-9)遊学館高
決勝 2-1(延長)星稜高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]

  判治海斗  坂本健太
高戸祐成        永田貫太
   島田凌  河村怜皇
橋本密         長島琉也
   富川聖也 牛谷内柊希
     前原瑞穂

[決勝メモ] 
 大会2連覇中の星稜高との決勝戦。前半5分、ショートコーナーからFW千葉大護(2年)が決めて星稜が先制する。その後も星稜が押し込んだが、DF富川聖也(3年)やGK前原瑞穂(3年)を中心に追加点を阻止した鵬学園は、後半開始からMF鈴木嶺騎(2年)を投入して4-2-3-1へスイッチ。サイドから攻勢をかけると後半10分、MF高戸祐成(3年)の左CKをFW坂本健太(3年)が頭で決めて同点に追いつく。そして1-1のまま突入した延長後半9分、鵬学園は攻撃参加したDF橋本密(3年)のラストパスを交代出場FW宮本爽汰(3年)が決めて2-1で逆転勝ちした。

MOM:MF島田凌(3年)
「後半にセカンドボールを拾う回数を増加。左右へ散らすパスやスペースを突くドリブルでチームにリズムをもたらす」

■予選取材記者(森田将義氏)チーム紹介
再び星稜撃破。選手層向上して迎える2度目の全国

 02年創部の若いチームながらも、2度目の選手権出場を達成した能登の注目校だ。躍進の原動力となったのは判断を重視したサッカー。3年前の初出場時は相手の特徴を徹底的に分析した堅守からのカウンターが武器だったが、実力者が増えた今回はテンポの速いパスワークで主導権を握る戦いがベースだ。
 県予選決勝では、開始直後からパワフルな仕掛けを見せた星稜高の攻撃を粘り強く跳ね返しつつ、勝負に出た後半からはMF島田凌(3年)とMF河村怜皇(3年)、交代の切り札であるMF鈴木嶺騎(2年)を中心にボールを動かす戦いへとスイッチ。MF永田貫太(3年)とMF高戸祐成(3年)の両翼によるサイドアタックから、FW坂本健太(3年)がゴールを狙う形で相手を押し込んだ。全国でも同様に相手の特徴を見ながら、状況に応じたサッカーをできるかが勝敗のポイントになりそうだ。

編集部+α
 能登半島の中部、七尾市に位置する私立校。16年度大会予選決勝で当時17連覇中だった星稜高を1-0で破り、大ニュースとなった。翌年は県2回戦で姿を消し、昨年も決勝まで勝ち上がることができなかったが、今年は準決勝で10人目までもつれ込んだPK戦を制して決勝進出。再び星稜を破って全国切符を勝ち取った。星稜の連覇を止めて注目された3年前は初戦敗退。今回は上位へ食い込むか。


■県予選取材記者(森田将義氏)注目選手
攻撃活性化する左SB
DF橋本密(3年)
「攻撃力が武器の左SB。前方のMF高戸祐成(3年)を追い越すオーバーラップが真骨頂で、チャンスメークに留まらずゴールを仕留める機会も多い」

鵬学園の“いぶし銀”
MF河村怜皇(3年)
「気の利いた位置取りでセカンドボールを拾い、2次攻撃に繋げる“いぶし銀”タイプのボランチ。予選では要所で守備センスを発揮し、大会MVPを受賞」

怖さ増した10番
MF永田貫太(3年)
「切れ味鋭いドリブルが売りのサイドアタッカー。夏以降はオフ・ザ・ボールの質が高まり、持ち味を出せる回数が増えた結果、より相手にとって怖い選手へと成長した」

■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(2回戦敗退)】
2回戦 0-4 佐賀東高(佐賀)

■登録メンバーリスト
1 GK 前原瑞穂(3年)
2 DF 橋本密(3年)
3 DF 福村貫太(3年)
4 DF 富川聖也(3年)
5 DF 牛谷内柊希(3年)
6 MF 河村怜皇(3年)
7 MF 高戸祐成(3年)
8 MF 島田凌(3年)
9 FW 坂本健太(3年)
10 MF 永田貫太(3年)
11 FW 前田瑞季(3年)
12 DF 内山仁(2年)
13 MF 宮本爽汰(3年)
14 MF 鈴木嶺騎(2年)
15 DF 須藤芹彩(3年)
16 MF 西田悠人(3年)
17 GK 藤原洸生(2年)
18 FW 橋本真都(3年)
19 FW 判治海斗(2年)
20 DF 長島琉也(2年)
21 GK 石倉由雅(3年)
22 MF 水陸也(2年)
23 DF 中島翔汰(3年)
24 MF 原田侑瑞樹(3年)
25 MF 安田圭佑(2年)
26 MF 今崎達也(2年)
27 MF 小塚翔健(2年)
28 DF 東大貴(3年)
29 MF 圓明翔大(3年)
30 DF 根本准(2年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP