beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:日章学園高(宮崎)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日章学園高は初の4強入り、その先へ勝ち上がることが目標

第98回全国高校サッカー選手権

日章学園高(宮崎)

日章学園高関連ニュース


日章学園高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 0-0(PK7-6) 市立船橋高(千葉)
3回戦 3-3(PK3-4)四日市中央工高(三重)
[得点者]鈴木陽介2、木脇蓮苑
■出場回数
3年連続15回目
■過去の最高成績
8強(10、13年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場15回、全日本ユース(U-18)選手権8強1回
■監督
早稲田一男
■主将
DF阿部稜汰(3年)
■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
県決勝 2-1 宮崎日大高
全国2回戦 1-1(PK4-5)西京高(山口)
[リーグ戦]
プリンスリーグ九州4位(7勝4分5敗、第16節終了時)
[新人戦](県優勝)
県決勝 1-1(PK3-0)宮崎日大高

■予選成績
2回戦 5-0 日向高
3回戦 8-0 宮崎北高
準々決勝 4-0 宮崎一高
準決勝 3-0 延岡学園高
決勝 3-0 宮崎日大高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
4-4-2]
   鈴木陽介 木脇蓮苑
齊藤元太         藤本優希
  中別府柊太 葭岡遥来
阿部稜汰          濱松凜
   古賀照也 後藤翔
      福山智仁

[決勝メモ]
 県新人戦、インターハイ予選に続いて今年3度目となる宮崎日大高との決勝戦。立ち上がりはFW川野寛登(3年)中心に宮崎日大が押し込んだが、日章学園は落ち着いてボールを動かしながら攻め返すと17分に先制点を奪う。左FKをCB古賀照也(2年)が頭で折り返し、最後はエースFW鈴木陽介(3年)が頭でゴールへ押し込んだ。日章学園はその後、再三の決定機を作りながら、相手GK原蓮也(2年)の好守の前に追加点が奪えない。それでも、古賀やCB後藤翔がピンチの芽を摘むなど同点ゴールを許さなかった日章学園は後半33分、MF倉田晃士朗(2年)とのパス交換から鈴木が右中間を突破。最後は右足で2点目を決めた。アディショナルタイムにも鈴木のラストパスからMF日吉悠真(2年)が決めて日章学園が3-0で勝利した。

MOM:FW鈴木陽介(3年)
「相手指揮官も認める決定力。エースストライカーが2得点1アシストの活躍で優勝へ導く」

■予選取材記者(編集部・吉田)チーム紹介
全中優勝世代加え、初の4強へ
 選手権、インターハイともに出場15回は宮崎県で最多。全国大会では未だに準々決勝の壁を突破することができていないが、予選終了直後にエースFW鈴木陽介(3年)が「早稲田先生をベスト4に自分たちの代で連れていく、という話をしながら練習に取り組んでいきたい」と語っていたように、今年こそ歴史を変えるつもりでいる。
 前線でボールの収まる鈴木やセンス抜群のFW木脇蓮苑(1年)を起点にボールを動かし、九州屈指の左SB阿部稜汰主将(3年)と右SB濱松凜(3年)を交えた攻撃で相手の守りを切り崩す。キープ力高いMF中別府柊太(3年)や冷静なゲームメーク光るMF葭岡遥来(1年)、予選決勝で活躍したMF倉田晃士朗(2年)ら配球役のレベルも高い。いずれも最後の局面で身体を張ることのできるCB古賀照也(2年)とCB後藤翔(3年)や安定感高いGK福山智仁(3年)含めて守備は粘り強く、日章学園中で全国中学校大会を経験した1年生も各ポジションで台頭中。インターハイは決定力不足と終盤の隙が初戦敗退を招いたが、改善してきた成果を示し、目標を達成する。


■予選取材記者(編集部・吉田)注目選手
県予選10発!エースストライカー
FW鈴木陽介(3年)
「エースFWは県予選で『目標だった』10得点を記録。ボールを収める部分や突破力、そして難しい体勢からでも打ち込むシュートでゴールをもたらす」

選手宣誓男は九州屈指のSB
DF阿部稜汰(3年)
「守備面での1対1の強さや攻撃参加からのクロスに注目の九州屈指のSB。開会式では選手宣誓の大役を務める。憧れはブラジル代表DFマルセロ」

鳥栖U-15時代に日本一経験。期待の2年生CB
DF古賀照也(2年)
「起点となるFWを潰す強さやヘディング、危機察知力、際の部分で強さを発揮する部分も魅力のCB。鳥栖U-15時代に日本一も経験」

■過去の全国大会成績
【18年度 第97回(2回戦敗退)】
1回戦 1-2 矢板中央高(栃木)
【17年度 第96回(3回戦敗退)】
1回戦 3-1 北陸高(福井)
2回戦 4-1 佐賀東高(佐賀)
3回戦 0-1 流通経済大柏高(千葉)
【15年度 第94回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 富山一高(富山)
【14年度 第93回(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 新屋高
2回戦 1-1(PK4-5)國學院久我山高(東京A)
【13年度 第92回(8強)】
2回戦 2-1 桐生一高(群馬)
3回戦 0-0(PK7-6)東福岡高(福岡)
準々決勝 0-4 富山一高(富山)
【11年度 第90回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 鹿島学園高(茨城)
【10年度 第89回(8強)】
2回戦 2-0 宮城県工高(宮城)
3回戦 0-0(PK4-3)静岡学園高(静岡)
準々決勝 0-3 滝川二高(兵庫)
【09年度 第88回(3回戦敗退)】
2回戦 4-2 武相高(神奈川)
3回戦 0-1 ルーテル学院高(熊本)
【08年度 第87回(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 富岡高(福島)
2回戦 0-3 筑陽学園高(福岡)
【07年度 第86回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-2)水戸短大附高(茨城)
2回戦 -1(PK5-6)北越高(新潟)
【02年度 第81回(2回戦敗退)】
2回戦 1-1(PK4-5)前橋商高(群馬)
【00年度 第79回(3回戦敗退)】
2回戦 2-0 渋谷幕張高(千葉)
3回戦 0-6 国見高(長崎)
【99年度 第78回(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 星稜高(石川)
【96年度 第75回(3回戦敗退)】
1回戦 2-1 修徳高(東京A)
2回戦 4-2 郡山商高(福島)
3回戦 1-5 鹿児島実高(鹿児島)

■登録メンバーリスト
1 GK 福山智仁(3年)
2 DF 濱松凜(3年)
3 DF 後藤翔(3年)
4 DF 古賀照也(2年)
5 DF 阿部稜汰(3年)
6 MF 中別府柊太(3年)
7 MF 葭岡遥来(1年)
8 MF 齊藤元太(3年)
9 MF 日吉悠真(2年)
10 FW 鈴木陽介(3年)
11 FW 木脇蓮苑(1年)
12 DF 宮永健太(3年)
13 DF 川越央翔(2年)
14 DF 小野大斗(2年)
15 DF 吉田剛之介(2年)
16 MF 藤本優希(1年)
17 GK 清原寛斗(2年)
18 MF 前田聖七(1年)
19 MF 倉田晃士朗(2年)
20 FW 廣戸大樹(3年)
21 GK 川野一紀(3年)
22 FW 菊谷伊織(2年)
23 MF 野邊直峻(1年)
24 MF 日野海土(2年)
25 DF 古屋鋪錠(3年)
26 DF 児玉樹(3年)
27 MF 河本徹太(3年)
28 MF 鳥越駿登(3年)
29 MF 越山空海(3年)
30 DF 西谷武人(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP