beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫、完全復活告げる復帰後初ゴール! 今季4点目もブレーメンは8戦未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰後初ゴールを挙げたFW大迫勇也

[11.23 ブンデスリーガ第12節 ブレーメン1-2シャルケ]

 ブンデスリーガは23日、第12節を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンシャルケと対戦し、1-2で敗れた。2トップの一角で先発した大迫は追撃弾となる今季4点目をマーク。2試合連続でフル出場を果たした。

 大迫が復帰後初ゴールを挙げた。ブレーメンは0-2と苦しい展開になったが、後半11分にFWクラウディオ・ピサーロが投入されると、徐々に大迫がいい形でボールに絡めるようになる。迎えた後半40分だった。

 左サイドから入れたピサーロのアーリークロスにDFテオドール・ゲブレ・セラシェが滑り込みながらダイレクトでシュート。これはGKアレクサンダー・ニューベルに阻まれたが、こぼれ球に詰めた大迫が右足で蹴り込んだ。

 1点差に詰め寄る追撃ゴールは今季4点目。チームは次の一点を目指したが、反撃もここまでだった。1-2で敗れたブレーメンは今季2度目の連敗を喫し、直近8試合未勝利(5分3敗)と低迷している。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP