beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スアレス、メッシとの連係力の秘密は…「日々の賜物。彼からボールが届くと確信して僕は走り出す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイス・スアレスリオネル・メッシとの連係の秘密

 27日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループF第5節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのドルトムント戦に3-1で勝利した。この試合で1得点を記録したFWルイス・スアレスは、互いのゴールをアシストし合ったFWリオネル・メッシとの連係力を誇っている。

 L・スアレスとメッシのコンビネーションが強調された試合だった。先制点が生まれた29分の場面では、L・スアレスのジュニオールへのスルーパスが相手DFに弾かれ、そのこぼれ球を拾ったメッシがスルーパス。メッシがボールを拾うや否や、自身にパスが出ることを確信して、すかさずペナルティーエリア内に侵入していたL・スアレスは、巧みな右足のシュートでネットを揺らした。また33分にはメッシが今度はL・スアレスとのワン・ツーからエリア内に入り込み追加点を記録している。

 試合後、スペイン『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューに応じたL・スアレスは、メッシとの連係が日々培われてきたものであると語った。

「いつも言ってきたことだ。何年もの日々をメッシと過ごし、彼のことを理解してきた。それが彼との連係をより素晴らしいものにする。ボールが自分のもとに届くと知りながら、僕は走り出すんだ」

「僕たちはいつだって最高の選択肢を探している。互いを探し出せるのは当たり前でもあるね。僕たちはこのチームにおいて、最たるアタッカーの二人なんだから」

 また、同様にゴールを記録した新加入FWアントワーヌ・グリエーズマンについては、次のように語っている。

「ほかのチームメートにも起こったように、彼はゴールを決めることに苦労を強いられていた。スコアで優位に立ったときには、彼の姿を探したよ。アントワーヌはスペクタクルだったし、チャンスを手にしてゴールも決めた。今日のような試合で、自信を深めることができる。彼はチームを助けるためにここにいるし、僕たちも彼を助けていきたい」

 一方、先発しながらもさらなる負傷を強いられ、グリエーズマンとの交代でピッチを去ったFWウスマン・デンベレについては、負傷を繰り返さぬよう「解決策」が必要と説いた。

「デンベレとメディカルスタッフは解決策を探さなければならない。早く回復すること、もう負傷しないことを願っているよ」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP