beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

乾貴士が今季2アシスト目も…エイバル、好調ソシエダに敗れて3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

2アシスト目を記録したエイバルMF乾貴士(写真は過去のもの)

[11.30 リーガ・エスパニョーラ第15節 ソシエダ4-1エイバル]

 リーガ・エスパニョーラは11月30日、第15節を各地で行い、MF乾貴士所属のエイバルソシエダに1-4で敗れた。2試合ぶり先発の乾は前半35分に同点ゴールを導き、今季2アシスト目を記録したが、チームは後半の3失点で3連敗となった。

 ソシエダは前半9分、アクシデントでDFアリツ・エルストンドに代わってDFロビン・ル・ノルマンドが投入されたが、この交代が功を奏する。25分、MFマルティン・ウーデゴーアのFKがゴール前に蹴り込まれると、頭で合わせたノルマンドが先制点を決めた。

 1点を先行されたエイバルは前半35分、MFファビアン・オレジャナのシュートがクロスバーに阻まれると、これを拾った乾がペナルティエリア際のスペースに横パスを供給。走り込んだMFパパクリ・ディオプがダイレクトで叩き込み、同点に追いついた。

 ところが後半はソシエダがゴールラッシュを披露。2分、FWミゲル・オヤルサバルが華麗なハーフボレーで突き刺すと、12分には波状攻撃からFWウィリアン・ジョゼが決めて2点差に突き放す。そして最後は35分、ウーデゴーアが美しい左足シュートを沈め、好調の続くソシエダが暫定4位に浮上した。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●海外組ガイド
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP