beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

古巣戦控えマンU時代を語るモウリーニョ「私の歴史の一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が古巣戦へ

 トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドとの対戦を控え、公式会見に臨んだ。英『ミラー』が伝えている。

 18年12月にユナイテッドの指揮官を解任されて以来、相手監督という立場では初めてオールド・トラフォードに乗り込む。

「正直にいうと、私にとってのユナイテッドは、多くの経験を学んだ場所であり、私の歴史の一部だ。(ネルソン・)マンデラ氏が言っていたことにも少し似ているが、『負けることはない。勝つか、学ぶか』なんだ。ユナイテッドでは、勝利を重ねるとともに学びを得た。後悔はしていない」

「私のあそこでの歴史について知りたければ、階段を上がって私のオフィスに来てほしい。まだユナイテッド時代の写真がいくつかある。ひとつはヨーロッパリーグでのもので、もうひとつはストックホルムにいる息子のもの、もうひとつはウェンブリーで優勝したカラバオ杯のものだ」

 トッテナムの監督に就任するまでフリーだった期間は、『スカイ・スポーツ』の解説者として、オールド・トラフォードを訪れていた。

「解説者に戻って、違う視点で物事を見るようになった。私は素敵なおもてなしに、とても恐縮した。いま私は監督になり、マンチェスター・ユナイテッドを倒そうとしている。おそらくまた別の視点を与えてくれるだろう」

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP