beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミア参入まであと1勝…プリンス関東勢は全チーム初戦突破!富山一が高体連勢で唯一2回戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 来季のプレミアリーグ参入をかけた『高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフ』が13日に開幕。プリンスリーグ関東の出場全3チームを含む8チームが2回戦進出を決めた。

 AブロックのFC東京U-18(関東1)は旭川実高(北海道2)と対戦し、MF常盤亨太(2年)とMF小林里駆(3年)がそれぞれ2ゴールを挙げ、5-0で快勝。モンテディオ山形ユース(東北1)と大分トリニータU-18(九州2)の一戦はスコアレスのまま延長戦(10分ハーフ)に突入したが、終了間際の延長後半9分にMF狩野海晟(3年)が劇的ゴールを挙げ、山形ユースが2回戦に駒を進めた。

 Bブロックは、横浜F・マリノスユース(関東2)と北海道コンサドーレ札幌U-18(北海道1)が勝ち抜けた。横浜FMユースはプリンスリーグ北信越王者の帝京長岡高と対戦。MF石井宏育(3年)の2発で逆転に成功し、4-1で勝った。札幌U-18は後半12分のDF本間洋平(3年)の1点を守り抜き、1年でのプレミア復帰を狙う米子北高(中国2)を退けた。

 Cブロックは1点差勝負となった。サガン鳥栖U-18(九州1)と徳島ヴォルティスユース(四国)とのプリンス王者対決は、MF本田風智(3年)の決勝点により鳥栖U-18に軍配。ベガルタ仙台ユース(東北2)は阪南大高(関西)と対戦し、後半44分のMF工藤真人(3年)の劇的な一発により1-0で勝利した。

 Dブロックでは横浜FCユース(関東3)がFW佐々木翔(3年)のハットトリックの活躍により岡山学芸館高(中国1)を4-0で撃破。JFAアカデミー福島U-18(東海)と富山一高(北信越2)の一戦はスコアレスのままPK戦に入り、4人全員成功した富山一が高体連勢で唯一初戦を突破した。

 なお、運命の2回戦は15日に行われる。

【1回戦】
(12月13日)
[広島広域公園 第一球技場]
FC東京U-18 5-0 旭川実
[F]常盤亨太2(28分、45分+1)、小林里駆2(43分、50分)、大森理生(90分+3)

鳥栖U-18 1-0 徳島ユース
[鳥]本田風智(51分)

[広島広域公園 補助競技場]
山形ユース 1-0 大分U-18
[山]狩野海晟(109分)

阪南大高 0-1 仙台ユース
[仙]工藤真人(89分)

[エディオンスタジアム広島]
札幌U-18 1-0 米子北
[札]本間洋平(57分)

岡山学芸館 0-4 横浜FCユース
[横]佐々木翔3(35分、78分、85分)、奥村周太(49分)

[コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム]
帝京長岡 1-4 横浜FMユース
[帝]矢尾板岳斗(11分)
[横]石井宏育2(31分、33分)、松田詠太郎(39分)、ブラウンノア賢信(70分)


JFAアカデミー福島U-18 0-0 (PK2-4) 富山一

【2回戦】
12月15日(日)
[コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム]
FC東京U-18 11:00 山形ユース
鳥栖U-18 13:30 仙台ユース

[広島広域公園 第一球技場]
横浜FMユース 11:00 札幌U-18
横浜FCユース 13:30 富山一高

●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP