beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「今日の悔しい気持ちを捨てずにJの舞台で」金沢に加入する大体大MF西田恵の決意

このエントリーをはてなブックマークに追加

来季はJ2金沢でプレーするMF西田恵(4年=関大北陽高)

[12.16 インカレ準々決勝 中央大6-1大阪体育大 AGF]

 悔し涙とともに幕を閉じた。関西王者・大阪体育大は準々決勝で敗退。ツエーゲン金沢内定のMF西田恵(4年=関大北陽高)はゲームキャプテンとして責任を背負い、「体大にきてから今日みたいに大差で負けたのは初めてだった。奮い立たせる声をかけて、前向きにさせられるプレーができたらよかった」と唇をかんだ。

 右サイドハーフを担い、序盤からFW林大地(4年=履正社高)らに鋭いクロスを配給してチャンスを導いたが、早い時間帯に2失点。反撃に出た後半立ち上がりはエリア内を突破して惜しいシュートを打ったが、相手GKのセーブに遭った。ドリブル突破も中央大の堅守に阻まれ、反撃は及ばなかった。

「ゴール前の精度はレベルアップしていかないと金沢でも通用しないと思う」と課題を口にした西田。対戦相手の中央大は来季金沢で同期となるFW加藤陸次樹(4年)を擁した。大学ラストゲームは6失点。勝つために前に出た結果には納得しているが、ここで敗退するつもりはなかっただけに「自分の力不足を感じます」と悔しさをにじませた。

 札幌内定の同期DF田中駿汰や鳥栖内定の林らは入学当初からAチームだったが、西田は一般入試で入った立場。ランメニューが主体のチームからスタートし、プロ内定まで這い上がった。「それに苦はなかったし、松尾元太さん、福島充コーチからいろんなことを教えてもらった」という4年間は、支えてもらった人たちへの感謝に満ちている。

 大学生活最後の試合を終え、来月にはキャンプがスタートする。「思った終わり方にはできなかったですが、幸運にもサッカーを続けさせてもらえる身なので。今日の悔しい気持ちを捨てずに、責任を持ってJの舞台で戦っていきたい」と決意を口にした。

(取材・文 佐藤亜希子)
●第68回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP