beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

試合の入りを悔やむ森保監督「韓国の圧力が上回った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表の森保一監督

[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 序盤から韓国の出足の速さ、球際の強さに押し込まれ、リズムをつかめないまま前半28分にミドルシュートで先制点を許した。日本代表森保一監督は「試合の入りのところで相手の圧力に押され、なかなか主導権を握れず、先制点を許してしまい、相手に余裕を与えてしまったところは反省しないといけない」と唇を噛んだ。

 日韓戦という特別な一戦で相手の圧力は予想できた。引き分けでも優勝が決まる日本に対し、韓国は勝たなければならない。しかし、想定はしていながら、それを跳ね返すことができなかった。

「技術や戦術の前に球際の戦いがあるということは選手たちに伝えていた。選手も覚悟を持って入ってくれたと思うが、韓国の圧力のほうが上回ったと思う。我々が引き分けでも優勝を決められるという条件の中、韓国が圧力を持って、激しさ、厳しさで押し込んでくるのは予想できたところで、そこを上回っていけなかったのは監督として選手に準備してもらうところで足りないところがあったのではないかと自分自身、反省しないといけない」

 戦術的にも韓国はシンプルなロングボールを両サイドに蹴り込み、日本のウイングバックを押し込んできた。ほぼ5バックとなり、セカンドボールも拾えずに劣勢が続いたが、指揮官は「戦術的に後手を踏んだとは思っていない」と指摘。「選手たちも個々にケアをしている中、少しタイミングが遅れたり、強度の部分で足りなかったりというところで相手に上回られてしまったのかなと思っている」と振り返った。

「選手たちがこの強度の中で打ち勝っていって、それぞれの持っている技術を生かしていけるように、強さの部分と技術の上手さの部分、両方を兼ね備えていなければ、国際大会では勝てないということを今回の経験として、経験の浅い選手には次の成長につなげてほしい」

 東京五輪世代中心の国内組で臨んだ大会。「試合の中で戦える選手、プレッシャーのかかった中で自分の良さ、チームのコンセプトを勇気を持ってチャレンジできる選手が分かったことは収穫だと思う」とも語った森保監督は「選手ができなかったということは、私の伝え方という部分で監督として反省しないといけない」と自らの責任にも触れた。

(取材・文 西山紘平)

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

TOP