beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本vs韓国 試合後の森保一監督会見要旨

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表の森保一監督

[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 EAFF E-1サッカー選手権2019は18日、最終日を行い、日本代表は韓国代表と対戦し、0-1で敗れた。今大会初黒星で2勝1敗の勝ち点6のまま、3連勝で勝ち点9に伸ばした韓国に大会3連覇を許した。

以下、試合後の森保一監督会見要旨

森保一監督
「タイトルを目指して戦った中、残念ながら我々はタイトルに届かなかったが、韓国代表の選手、スタッフ、関係者の皆さんには優勝おめでとうございますということをお伝えしたい。選手たちは準備のところから個の良さを出す部分を考えながら、チームのコンセプトとしてどうやって連係連動してつなげていくかというところで最善の準備をしてくれた。試合の入りのところで相手の圧力に押されて、なかなか主導権を握れず、先制点を許してしまい、相手に余裕を与えてしまったところは反省しないといけないし、今後の選手の成長、チームの成長につなげていければと思う。先制されたあと、時間が経つにつれて選手たちが落ち着きを持って、リズムを出してくれた。最後まで勝つことにこだわって戦い抜いてくれたことに関しては、勝つことはできなかったが、粘り強く戦ってくれたことは選手に感謝したい」

―前半は腰が引けているようにも見えたが。
「試合の準備として、技術や戦術の前に球際の戦いがあるということは選手たちに伝えていた。選手も覚悟を持って入ってくれたとは思うが、韓国の圧力のほうが上回ったと思う。我々が引き分けでも優勝を決められるという条件の中、韓国が圧力を持って、激しさ、厳しさで押し込んでくるのは予想できたところで、そこを上回っていけなかったのは監督として選手に準備してもらうところで足りないところがあったのではないかと自分自身、反省しないといけない」

―ハーフタイムの指示は。
「後半の指示はまずそういう球際の攻防のところからハードワークする部分を選手たちには伝えて、自分たちはできるという自信を持って戦うことをハーフタイムには伝えた」

―こういう展開で戦える選手とそうでない選手が見えたのでは。
「この一戦に勝つために準備したし、勝って優勝を決めよう、引き分け狙いではなく、アグレッシブに戦っていこうということをチームとして共有して、選手たちをピッチに送り込んだ。勝つために戦って、負けたことは応援してくださっている方々に勝利を届けられず、残念に思うし、今日も勝利を目指して戦った中で悔しい思いでいるが、試合の中で戦える選手、プレッシャーのかかった中で自分の良さ、チームのコンセプトを勇気を持ってチャレンジできる選手が分かったことは収穫だと思う。選手ができなかったということは、私が選手に伝えきれなかったり、私自身に反省しないといけないところはあるが、選手の個の力が見れて、次につなげたいと思っている」

―3バックの両サイドにロングボールを蹴られることも予想できたと思うが。
「韓国の分析に関しては昨日、映像を持ってミーティングで特徴の部分を攻守に伝えて、トレーニングの中で確認して今日の試合に臨んだ。戦術的に後手を踏んだとは思っていない。選手たちも個々にケアはしている中、少しタイミングが遅れたり、強度の部分で足りなかったりという局面のところで相手に上回られてしまったのかなと思っている。そこは選手たちがこの強度の中で打ち勝っていって、さらにそれぞれの持っている技術を生かしていけるように、強さという部分、そして技術の上手さの部分、両方を兼ね備えていなければ、国際大会では勝てないということを今回の経験として、経験の浅い選手には次の成長につなげてほしい。選手ができなかったということは、私の伝え方というところで監督として反省しないといけない。また試合を振り返って、日本代表としてさらにいい戦いをできるようにしたい」

(取材・文 西山紘平)

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

TOP