beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1年生MF篠田が劇的AT決勝弾…昌平が初の8強入り!!“圧倒的支配”で國學院久我山を撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を叩き込んだ昌平高MF篠田大輝(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.3 選手権3回戦 國學院久我山高 0-1 昌平高 駒場]

 第98回全国高校サッカー選手権3回戦が各地で行われ、浦和駒場スタジアムでは4年ぶり8回目の出場となる國學院久我山高(東京B)と2年ぶり3回目の出場となる昌平高(埼玉)が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半40分までスコアが動かなかったが、同アディショナルタイムにMF篠田大輝(1年)が劇的な決勝ゴールを奪い、昌平が1-0の勝利を収めて初の8強進出を果たした。

 この試合が3試合目となる國學院久我山は2回戦・専大北上戦で退場となり、出場停止のDF加納直樹(3年)に代わって、MF吉田圭佑(2年)を今大会初の先発起用。一方、シードの昌平はこの試合が2試合目。2回戦・興國戦から先発一人を入れ替え、同試合で負傷したMF鎌田大夢(3年)をベンチスタートさせ、MF渡邉建太(3年)がスターティングメンバ―に名を連ねた。

 序盤から攻勢をかけたのは“ホーム”昌平だった。素早いパスワークで敵陣まで攻め込み、前半6分にはMF紫藤峻(3年)のパスから右サイドを駆け上がったDF柳田亘輝(3年)がシュートを放つなど、一気に主導権を握る。パスだけでなく、アタッキングサードで仕掛ける鋭い突破が攻撃にアクセントを加え、押し込む展開となった。同10分には柴藤のパスから放ったFW小見洋太(2年)のシュートがMF福井寿俊(3年)にブロックされ、同16分には左サイドをえぐったMF須藤直輝(2年)の折り返しを再び狙った小見のシュートがGK村上健(2年)にストップされるが、圧倒的にボールを支配し続ける。

 前半33分には高い位置でボールを奪った渡邉のヒールパスを受けた柴藤が枠を捉えたシュートを放つが、横っ飛びした村上に弾き出されるなど、昌平はゴールに迫る場面を幾度となく作りながらも前半はスコアを動かせず。なかなかリズムに作れない國學院久我山は同34分に早くも選手交代。吉田に代えてDF河原大輔(3年)をピッチへと送り込んだ。

 0-0のまま後半を迎えても、昌平が押し込む展開は変わらない。後半2分には右サイドを上がった柳田がゴールを脅かすが村上の守備範囲に飛び、同4分には縦パスから抜け出した柴藤が決定的なシュートを放つがポストに阻まれる。昌平ペースで試合が進む中、なかなかリズムをつかめない國學院久我山は同7分にDF森次結哉(1年)に代えてFW清井大輔(3年)を投入した。

 後半8分には再び昌平がゴールを脅かす。PA内から放った小見の鋭いシュートは村上の頭上を抜けたがクロスバーに阻まれ、同16分にはMF小川優介(2年)のスルーパスから抜け出した柴藤が迎えた決定機も村上に阻まれる。その後も波状攻撃を仕掛ける昌平。同17分には小見、柴藤が立て続けにシュートも、ともに村上が立ちはだかる。國學院久我山は守備陣が粘り強く対応するだけでなく、最後は守護神の村上が好守で阻み、昌平が一方的に攻め込みながらも得点が生まれない展開が続く。

 後半22分には國學院久我山に、この試合最大のチャンス。左サイドから送られたボールの流れからPA内で受けた清井がシュートを放つが、好反応を見せたGK牧之瀬皓太(3年)に弾き出されてしまった。スコアを動かせない昌平は同27分、紫藤に代えて鎌田をピッチへと送り込むと、同31分には鎌田とのワンツーでゴール前に侵入した篠田が決定的なシュートを放つが、わずかに枠右に外れる。

 時計の針は進み、前後半の80分は過ぎた。昌平の藤島崇之監督は「PK戦はまったく考えていなかった。笛が鳴ってから考えないと、負ける気がした」と振り返ったが、圧力を弱めずに攻め続けたチームは、後半アディショナルタイムについにスコアを動かす。左サイドを上がったDF大竹琉生(3年)の折り返しを受けた篠田が細かいタッチからシュートコースを生み出すと、左足を一閃。勢い良く飛び出したボールはクロスバーを叩いて落下しながらも、ゴールラインを割り、昌平が劇的な1-0の完封勝利を収めた。

 ゲームの多くを敵陣で過ごすワンサイドゲームとなり、シュート数は國學院久我山の3本に対し、6倍近くとなる17本を記録。少なくないチャンスを創出しながらも最少得点に終わったことに「最後、決め切るというところは課題になった」と振り返った藤島監督だが、「今までは2回戦敗退と悔しい結果に終わっていたけど、結果を出しながら成長してくれている」と史上初のベスト8進出を果たした選手たちの成長に目を細めた。

 試合終了直後は準々決勝の対戦相手は決まっていなかった。しかし、どこが相手でも自分たちがやることは変わらないことを強調していた。「選手が一番いいプレーを出せるような状況で、ゲームをコントロールできればと思っている。自分たちの良さをしっかり発揮できるように自信を持って戦わせたい」。2日後に対戦するのは青森山田に決定。“昌平らしさ”を存分に発揮できるように準備を進め、前回王者に挑む。

(取材・文 折戸岳彦)
●【特設】高校選手権2019

TOP