beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUからモウリーニョへの支援は不十分だった?ルカクが証言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッド時代を振り返ったFWロメル・ルカク

 現在インテルでプレーする元マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカクは、ジョゼ・モウリーニョ前監督に対するクラブからの適切なサポートがなかったと証言した。

 2016年夏からユナイテッドの指揮官に就任したモウリーニョ監督。1年目、2年目は結果を残したが、3年目となった2018-19シーズン、夏の移籍市場で熱望したセンターバックの獲得に失敗して開幕を迎えると、早くから連敗を喫するなどチーム状況は悪化し、昨年12月にクラブから解任を告げられた。

 2017年から1年半にわたりモウリーニョ監督の下でプレーしたルカクは、イギリス『スカイ・スポーツ』で自身にとってベストな指揮官について問われ「ロベルト・マルティネス、ロナルド・クーマン、今のアントニオ・コンテ」と回答する。

 続けて「それとジョゼ・モウリーニョ。もし彼の望む選手がいれば、彼はもっと成功できていた」と主張。以前にはフレッジすら獲得候補ではなかったと報じられてるなど、ポルトガル人指揮官の意に沿った補強をユナイテッドができなかったことを裏付ける証言にもなりそうだ。

 その他にも、WBA時代のスティーブ・クラーク監督、アンデルレヒトのアリエル・ジェイコブス監督の名前を挙げたベルギー代表FWは「彼らは僕がこれからもリスペクトし続けるコーチだ。彼らとの間には何も問題はなかった」と話した。

 そして、ユナイテッド時代の苦労についても口を開いた。「昨季はとても難しかった。僕が望むように物事がうまくいかなかったし、僕自身も良いパフォーマンスができなかった。いろいろ考えた結果、環境を変える時が来たという結論に至った。3月にはすでに決めていたし、その後監督に伝えた。最善の決断だったと思う。ユナイテッドは若手起用へと舵を切っていたから、ウィンウィンの関係だった」と振り返っている。

●セリエA2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP