beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫は2試合連続の途中出場も…ブレーメン連勝ならず完敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫は2試合連続のベンチスタート

[1.26 ブンデスリーガ第19節 ブレーメン0-3ホッフェンハイム]

 ブンデスリーガは26日、第19節を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでホッフェンハイムと対戦し、0-3で敗れた。大迫は2試合連続のベンチスタートとなり、後半21分から途中出場した。

 ブレーメンは0-0で迎えた後半20分、CKの流れからMFエメル・トプラクがクリアを試みたボールがゴールラインを割ってしまい、オウンゴールで先制を許した。

 大迫は後半開幕戦となった前節のデュッセルドルフ戦に続いてスタメンから外れ、1点を追う後半21分にピッチに送り込まれた。流れを変えたかったが得点には絡めず、後半35分、後半38分に連続失点。ブレーメンは0-3で敗れ、今季2度目の連勝を逃した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP