beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

琉球がビーチサッカークラブ発足!監督に日本代表FP後藤崇介が就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

監督にビーチサッカー日本代表FP後藤崇介が就任

 FC琉球は28日、FC琉球ビーチサッカークラブの発足を発表した。監督にはビーチサッカー日本代表FP後藤崇介が就任する。

 クラブは「沖縄県をビーチサッカーのメッカとするために普及、育成、発展に全力を注ぐとともに今後、世界クラブ選手権の優勝、日本代表選手の輩出を目指し活動して参ります」とコメントしている。

 監督を務める後藤は、これまで日本だけでなく、イタリアやブラジル、フランスなどでプレー。昨年パラグアイで開催されたワールドカップのメンバーに招集されていたが、最終合宿で負傷してしまい、出番はなかった。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、FC琉球ビーチサッカークラブの監督を務めさせていただくことになりました。沖縄の大学に在学中ビーチサッカーに出会い、その後10年間、国内外でプレイをしてきましたが、最後は必ず大好きな沖縄に帰ろうと決めていました。

 当時は、ビーチサッカーといえば、沖縄!というほど、沖縄を中心に盛り上がっていました。再び沖縄でビーチサッカーを盛り上げるため、FC琉球とともに踏み出せること、思い入れのあるこの地で新たなスタートをきることができることは、自身にとってとても喜ばしいことです。

 ビーチサッカーはとてもアクロバティックで、観ている方を魅了するようなプレイが多く、選手も観客も一緒に楽しむことのできるスポーツです。ぜひ一人でも多くの方に会場まで足を運んでいただき、一緒に戦っていただきたいです!応援よろしくお願い申し上げます」

 なお、3月8日にセレクション、練習会開催を予定している。

TOP