beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インカレ準Vの桐蔭横浜大新入部員、インハイ優勝MF中村&MF神田や大型GK佐藤、Jユースの実力者も

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夏のインターハイ決勝を戦ったMF中村洸太(桐光学園高、右)とMF高木俊希(富山一高、左)がともに桐蔭横浜大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 19年全日本大学選手権(インカレ)準優勝の桐蔭横浜大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、桐蔭横浜大)。

 昨年のインターハイ優勝校・桐光学園高(神奈川)から中盤でのハードワークやボール奪取など欠かせない存在だったMF中村洸太と、決勝戦で劇的な優勝ゴールを決めているドリブラー、MF神田洸樹が加入する。また、同準優勝校・富山一高(富山)の大黒柱で攻撃力を備えたアンカー、10番MF高木俊希が加わる。

 元Jリーガーの父を持つGK佐藤藍大(流通経済大柏高)は192cmの長身を持ち、Jクラブも関心を寄せていた注目守護神。プリンスリーグ関東の桐生一高(群馬)で主将を務めたCB丸山佑大、夏冬全国に出場した神村学園高(鹿児島)の攻撃サッカーの軸の一人となっていた右SB中島吏九帝京大可児高(岐阜)の高速エースFW渡邊寿樹也高川学園高(山口)の“主砲”FW河野眞斗、東京の強豪・関東一高の守備の柱DF田中大生も桐蔭横浜大へ進学する。

 また、系列の桐蔭学園高(神奈川)からエースFW白輪地敬大とDFリーダーのCB西村俊祐流通経済大柏高(千葉)の長身DF古谷優斗、岩手の名門・遠野高で2年時から先発していた大型FW及川魁士、キック精度高いCB大森幹太(前橋商高)、DF須川蒼也(厚木北高)、MF後野海(福知山成美高)も新入部員リストに名を連ねている。

 Jアカデミーからも実力者たちが加わる。高精度のキックを操るCB松井直人(サガン鳥栖U-18)、ドリブル鋭いMF井出真太郎(横浜F・マリノスユース)、判断力高いMF奥村周太(横浜FCユース)はいずれもチームのプレミアリーグ昇格に貢献。また、攻撃参加を特長とするボランチ・MF山内日向汰(川崎フロンターレU-18)、運動量豊富なMF佐藤颯(モンテディオ山形ユース)、突破力のあるDF鈴木良太(アルビレックス新潟U-18)、大分トリニータU-18(大分)の守護神・GK木戸雄登も桐蔭横浜大で成長を目指す。

以下、桐蔭横浜大の入部予定選手
▼GK
佐藤藍大(流通経済大柏高)
木戸雄登(大分トリニータU-18)
▼DF
西村俊祐(桐蔭学園高)
田中大生(関東一高)
松井直人(サガン鳥栖U-18)
鈴木良太(アルビレックス新潟U-18)
丸山佑大(桐生一高)
大森幹太(前橋商高)
中島吏九(神村学園高)
古谷優斗(流通経済大柏高)
須川蒼也(厚木北高)
▼MF
中村洸太(桐光学園高)
神田洸樹(桐光学園高)
奥村周太(横浜FCユース)
井出真太郎(横浜F・マリノスユース)
高木俊希(富山一高)
佐藤颯(モンテディオ山形ユース)
山内日向汰(川崎フロンターレU-18)
後野海(福知山成美高)
▼FW
白輪地敬大(桐蔭学園高)
渡邊寿樹也(帝京大可児高)
河野眞斗(高川学園高)
及川魁士(遠野高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP