beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プリンス昇格目標の町田ユース、FC東京U-18にチャレンジして“ポジティブな敗戦”

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC町田ゼルビアユースの10番MF坂野大地は存在感のある動きを見せた

[2.11 東京都CY U-17選手権3位決定戦 FC東京U-18 4-0 町田ユース 味フィ西]

 スコアこそ0-4で敗れたものの、FC町田ゼルビアユースは一歩前進の敗戦だった。

 高校年代最高峰のリーグ戦、プレミアリーグに所属するFC東京U-18に対し、押し込まれて、守ってのサッカーではなく、真っ向勝負。アグレッシブに前に出てボールを奪い、顔を上げて、狙った攻撃から良い形を作り出していた。

 左足から絶妙な配球を見せていた10番MF坂野大地(2年)や動き出しを繰り返してシュートまで持ち込んでいたFW石川凜太朗(2年)、右サイドからゴール前に潜り込んでチャンスに絡んだMF猪野毛日南太(2年)、そして守備で奮闘していたCB渡邉朝月(2年)ら個々も印象的なプレー。竹中穣監督は「チャレンジできたことはポジティブに評価しています」と前向きに捉えていた。

 FC東京U-18や東京Vユース、三菱養和SCユースなどを後方から追いかける立場だったが、年々レベルを向上させて、現在は東京のクラブユース4強の常連。また、昨年は東京都1部リーグで優勝チームの國學院久我山高に2連勝し、勝ち点1差の2位に食い込んでいる。

 そして、昨年末には60分ゲームの練習試合ではあったものの、FC東京U-18に勝利。竹中監督は「もう越えないといけないところに来ているよねという話をした中で1-0。(選手たちは)達成感があったと思います」。選手たちの視線も明らかに上がってきている。

 竹中監督は「先輩たちからの積み上げ」「ジュニアユースからの積み上げ」によって、全国上位の相手にもチャレンジできるようになってきたことを認めていた。この日は公式戦でリベンジされたが、できることが多かったことも確か。課題に対して真摯に向き合い、新シーズンは結果を勝ち取る。

 昨年の経験者も残す町田ユースの目標は東京都1部リーグ優勝、そしてプリンスリーグ関東昇格だ。難しさも知った上で本気で目標に挑戦する。 

(取材・文 吉田太郎)

TOP