beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM3160]創成館GK永田健人(1年)_G大阪JY出身、期待の守護神が神村封じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

c創成館高の1年生GK永田健人は強敵・神村学園高相手に無失点

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[2.15 九州高校(U-17)大会予選リーグ第1節 創成館高 0-0 神村学園高 福岡フットボールセンター]

「あれくらい、堂々とやってくれる。期待しています」。創成館高の久留貴昭監督は1年生守護神・永田健人(1年)について高い評価を与えていた。この日は前後半に1対1のピンチを迎えながらいずれも阻止。184cmの高さを活かしたセービングを含めてゴール前で存在感のあるプレーをして勝ち点1獲得に大きく貢献した。

 九州大会という大舞台で、対戦相手は強豪・神村学園高。緊張はあったかという問いに対して永田は、「デカイ大会で楽しみの方が大きいです」と微笑む。そして、「最近の練習とかでゴール前の練習とかを良くやっていたので、1対1とか対応できたと思います」と胸を張った。

 中学時代はG大阪ジュニアユースでプレー。中学3年時には関西の強豪校からの誘いもあったというが、練習参加だけでもという打診を受けて訪れた創成館で「チームの雰囲気とか練習に対する取り組みとか良いと思ったので」進学を決めたという。

 2学年上にGK橋口欧介(3年、福岡大進学予定)という実力派GKがいたことも大きかった。「一つ一つの質とかこだわりが凄いので目標にしていた」という先輩から学びながら成長。キックなど課題ももちろんあるが、自信を持っているシュートストップなどでチームの結果に貢献している。

 目指す姿について、「一番後ろにいて、頼られるような存在になりたいです。(将来は)ガンバ大阪に入団して、スタメン奪って、日本代表として活躍できる選手になりたい」と掲げた。そのためにも、チームで一つ一つ結果を残していくこと。よりチームから信頼される存在になり、インターハイや選手権予選、全国大会で白星へ導く。

(取材・文 吉田太郎)

TOP