beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3度目の正直 WGP初出場にかけるブラインドサッカー日本代表、16歳の園部優月の思い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディフェンダーの追走を振り切ってシュートを打つ練習で園部優月(右)と加藤健人(左)。

 3月16日に開幕するブラインドサッカーの国際大会「Santen IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ(WGP) 2020」品川区天王洲公園)にむけて、日本代表が24日、東京・葛飾区の奥戸総合運動公園で行われた3日間の合宿を打ち上げた。16歳で初めて日本代表入りした園部優月はPK練習で決めると、飛び上がって喜びを素直に表した。

「今年に入って、合宿でPKがきれいに当たらなくて全然決まらなくて……。最近はゴールの枠にも入らなかった。久しぶりに決められたことがうれしいんです」

 この日の午前中の全体練習が終わると、上林和民コーチにお願いして丹羽海斗と2人でPKの個人練習に励んだ。

「PKを極めたいなと思うので、自分から練習させてほしいとお願いしました。狙ったコースに完璧に蹴れるようになりたいと」

 それでも園部は、PK練習の1本目のシュートはGKに止められた。もう一度トライした末のゴールに感情を抑えきれなかったのだ。

 園部は昨年10月、タイで行われたアジア選手権準決勝・中国戦で1分もピッチに立っていないにも関わらず、PK戦でスキルの高さを買われて4人目のキッカーに指名された。そこで決めることができず、チームも決勝進出を逃した。その悔しさは今でも園部の体内に刻まれている。

 園部にとって3月16日開幕のWGPは初出場だが、実は去年もおととしも出るチャンスがあったという。2018年の第1回は若い世代同士の試合「ディベロップメントゲームズ」で出られる予定だったが、体調不良で参加できず、去年は手続き上の問題で登録ができなかった。

「今年はようやく出られるので、2年分の思いをこめて頑張っていきたい。もしピッチに立てたらトップ(の位置)で出ることが多いと思うので、最後のパスで怜さん(川村)に決めてもらったり、1本自分でシュート打つとか、できれば自分がゴールを決められたり……。チームの勝利に貢献出来たらと思います」

 まだ16歳だが、昨年8月のイングランド遠征、10月のアジア選手権と日本代表に帯同し、心身共にたくましさを増した園部が日本の救世主になろうと奮闘中だ。

■3月16日開幕 ワールドグランプリのチケット販売情報はこちらから

練習の合間にタオルで汗をふく園部優月

【大会開催概要】
▼出場予定国:8カ国
(グループA) 
アルゼンチン①、中国③、日本⑬、ドイツ⑳
(グループB) 
ブラジル②、スペイン⑤、フランス⑪、タイ⑮
※丸数字は世界ランキング

▼スケジュール

◆3月16日
11:00(B)ブラジル―スペイン
13:30(B)フランス―タイ
16:45(A)アルゼンチン―中国
19:15(A)日本―ドイツ
◆3月17日
11:00(B)スペイン―タイ
13:30(A)フランス―ブラジル
16:45(A)中国―ドイツ
19:15(A)日本―アルゼンチン
◆3月18日
11:00(B)タイ―ブラジル
13:30(B)スペイン―フランス
16:45(A)ドイツ―アルゼンチン
19:15(A)中国―日本

3月19日予備日 

◆3月20日
10:00下位トーナメント
12:30準決勝①
15:30下位トーナメント
18:00準決勝
◆3月21日
10:00 7位決定戦
12:30 5位決定戦
15:30 3位決定戦
18:00 決 勝

【ワールドグランプリ出場国と
昨年の対戦スコア】
順位 国名
1位:アルゼンチン
 11月4日●0-1

2位:ブラジル
 7月14日●0-1
 7月15日●0-2

3位:中国
 10月5日△2-2(PK2-3) 黒田2

5位:スペイン
 3月21日〇1-0スペイン 川村
 3月24日●0-1スペイン
 6月22日〇1-0スペイン 川村

6位:イラン
 10月3日●0-1

11位:フランス
 対戦なし

13位:日本

15位;タイ
 10月6日〇2-1 川村2

20位:ドイツ
 対戦なし
【注】名前は得点者

▼日本代表合宿参加者
GK佐藤大介(たまハッサーズ)
GK佐々木智昭(コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ)
FP川村怜(Avanzareつくば)
FP黒田智成(たまハッサーズ)
FP{田中章仁}}(たまハッサーズ)
FP加藤健人(埼玉T.Wings)
FP佐々木ロベルト泉(パペレシアル品川)
FP寺西一(パペレシアル品川)
FP佐々木康裕(ファンタス千葉SSC松戸ウォーリアーズ)
FP園部優月(free bird mejirodai)
FP日向賢(たまハッサーズ)★
FP丹羽海斗(free bird mejirodai)★
【注】★はWGPには参加予定なし

(取材・文 林健太郎)

●ブラサカ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

TOP