beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ北海道代表成績_現札幌の10番たちが挑んだ“壁”

このエントリーをはてなブックマークに追加

室蘭大谷高(現北海道大谷室蘭高)のFW宮澤裕樹(現札幌)らが2回戦の壁突破、上位進出を目指した。(写真は07年度選手権、写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ北海道代表校成績]

 00年から09年のインターハイで北海道勢は3回戦へ進出することができなかった。MF清原翔平(現相模原)を擁した05年の帯広北高が初戦で國學院久我山高(東京2)に0-2で敗れるなど苦戦。帯広北は現フットサル日本代表の2年生GK関口優志(現名古屋オーシャンズ)がゴールを守っていた08年大会もPK戦の末、青森山田高(青森)に敗れて初戦敗退している。

 07年大会では現札幌の10番、FW宮澤裕樹が室蘭大谷高(現北海道大谷室蘭高)のエースとして出場し、山形中央高(山形)との初戦で追撃PKを決めて勝利に貢献したが、2回戦で丸岡高(福井)に1-2で競り負けた。また、02年大会では室蘭大谷のFW菅原康太(元徳島)が2試合で3得点の活躍を見せたが、2回戦で国見高(長崎)に1-3で敗戦。02年と06年の北海高など、北海道勢はこの10年間で計7度、2回戦の壁に行く手を阻まれている。

 その他、09年大会で初出場した旭川実高は優勝校の前橋育英高(群馬)から先制点を奪ったが、1-3で逆転負け。同年の旭川東高は34年ぶりとなるインターハイ出場だった。00年に帯広北と札幌白石高、01年に駒大苫小牧高、03年に釧路湖陵高、04年に札幌山の手高、そして05年に札幌東高がそれぞれ初出場。01年と07年には札幌一高が全国に挑んでいる。

以下、00~09年のインターハイ北海道代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
第1代表:旭川実高(初)
1回戦 1-3 前橋育英高(群馬)

第2代表:旭川東高(2)
1回戦 0-3 日本大高(神奈川2)

[2008年]
第1代表:北海高(7)
1回戦 2-0 東北高(宮城)
2回戦 3-3(PK5-6)香川西高(香川)

第2代表:帯広北高(4)
1回戦 1-1(PK5-6)青森山田高(青森)

[2007年]
第1代表:室蘭大谷高(26)
※現北海道大谷室蘭高
1回戦 2-2(PK5-4)山形中央高(山形)
2回戦 1-2 丸岡高(福井)

第2代表:札幌一高(5)
1回戦 0-2 徳島商高(徳島)

[2006年]
第1代表:室蘭大谷高(25)
1回戦 0-1 岐阜工高(岐阜)

第2代表:帯広北高(3)
1回戦 3-1 愛知高(愛知)
2回戦 1-2 韮崎高(山梨)

[2005年]
第1代表:帯広北高(2)
1回戦 0-2 國學院久我山高(東京2)

第2代表:札幌東高(初)
1回戦 0-6 広島皆実高(広島)

[2004年]
第1代表:室蘭大谷高(24)
1回戦 1-0 矢板中央高(栃木)
2回戦 1-3 済美高(愛媛)

第2代表:札幌山の手高(初)
1回戦 1-1(PK4-5)羽黒高(山形)

[2003年]
第1代表:札幌白石高(2)
1回戦 0-1 盛岡商高(岩手)

第2代表:釧路湖陵高(初)
1回戦 0-1 米子東高(鳥取)

[2002年]
第1代表:室蘭大谷高(23)
1回戦 4-1 鳴門高(徳島)
2回戦 1-3 国見高(長崎)

第2代表:北海高(6)
1回戦 3-1 盛岡市立高(岩手)
2回戦 2-2(PK5-6)幕張総合高(千葉1)

[2001年]
第1代表:駒大苫小牧高(初)
1回戦 0-2 徳島商高(徳島)

第2代表:札幌一高(4)
1回戦 0-1 盛岡商高(岩手)

[2000年]
第1代表:帯広北高(初)
1回戦 1-1(PK4-2)作陽高(岡山)
2回戦 0-3 境高(鳥取)

第2代表:札幌白石高(初)
1回戦 0-2 四日市中央工高(三重)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP