beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ滋賀県代表成績_04年、草津東が県勢22年ぶりのベスト8

このエントリーをはてなブックマークに追加

09年大会の草津東高は全国で1勝。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ滋賀県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ滋賀県代表に草津東高が計6回輝いている。特に04年大会では大会優秀選手に選出されたDF畑尚行(元MIOびわこ滋賀)を中心とした好守とサイドアタックなどで82年の守山高以来となるベスト8進出。1、2回戦をPK戦の末に制した草津東は仙台育英高(宮城)との3回戦でも、チョンブリFC(タイ)などでプレーしているMF馬場悠企のFKからFW小寺智久が決勝点を決めて1-0で競り勝った。だが、準々決勝で市立船橋高(千葉1)に0-1で敗れている。

 草津東は元長野のMF吉田実成都(現レイジェンド滋賀FC)を擁した09年に浦和南高(埼玉2)を破って1勝。だが、DF神崎亮佑(元川崎F)やFW内林広高(元G大阪)を擁した00年、現近江高(滋賀)監督のMF前田高孝(元清水)やDF酒井悠基(元新潟)、05年、07年は初戦敗退に終わっている。

 野洲高はFW中井昇吾(元柏)が10番を背負っていた02年大会で初出場。中井の先制ゴールなどによって富山一高(富山)を5-1で破り、初白星を飾っている。野洲は08年大会にも出場し、初戦で10番FW坂本一輝(現MIOびわこ滋賀)が追撃ゴールを決めたが、前橋育英高(群馬)に2-3で敗戦。05年度の全国高校選手権優勝世代と、MF乾貴士(現エイバル)が3年時だった06年度などは出場を逃している。
 
 01年大会では進学校の膳所高が24年ぶりに出場。初戦で多々良学園高(山口)と対戦し、FW矢島卓郎(元川崎F)が同点ゴールを決めたが、PK戦の末に敗れている。また、06年大会には水口高が16年ぶりに出場。東海大五高(福岡)相手にFW平井慧伍(→関西大)が先制点を決めたが、逆転負けしている。

以下、00~09年のインターハイ滋賀県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:草津東高(9)
1回戦 3-1 浦和南高(埼玉2)
2回戦 1-4 奈良育英高(奈良2)

[2008年]
代表校:野洲高(2)
1回戦 2-3 前橋育英高(群馬)

[2007年]
代表校:草津東高(8)
1回戦 0-2 大分鶴崎高(大分)

[2006年]
代表校:水口高(12)
1回戦 1-4 東海大五高(福岡)

[2005年]
代表校:草津東高(7)
2回戦 1-2 鹿児島実高(鹿児島)

[2004年]
代表校:草津東高(6)
1回戦 0-0(PK4-2)広島皆実高(広島)
2回戦 2-2(PK11-10)立正大淞南高(島根1)
3回戦 1-0 仙台育英高(宮城)
準々決勝 0-1 市立船橋高(千葉1)

[2003年]
代表校:草津東高(5)
1回戦 0-1 丸岡高(福井)

[2002年]
代表校:野洲高(初)
1回戦 5-1 富山一高(富山)
2回戦 0-6 金光大阪高(大阪1)

[2001年]
代表校:膳所高(3)
1回戦 2-2(PK5-6)多々良学園高(山口)

[2000年]
代表校:草津東高(4)
1回戦 1-2 徳島商高(徳島)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP