beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ京都府代表成績_森岡亮太擁した久御山が京都府の連敗8でストップ。流経に5-0勝利し、16強

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太(現シャルルロワ)を擁した09年の久御山高が京都府勢の連敗をストップ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ京都府代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ京都府代表は、公立の久御山高が最多4回出場している。MF森岡亮太(現シャルルロワ)を擁した09年大会はベスト16。森岡の決勝点によって浦和東高(埼玉1)を退けると、2回戦ではFW河面秀成(→大阪体育大)が強豪・流通経済大柏高(千葉2)から1人で5得点を奪って5-0で大勝した。米子北高(鳥取)との3回戦ではMF足立拓眞(→大阪体育大)と森岡のゴールで2度追いついたものの、PK戦で敗れている。

 久御山はFW廣瀬浩二(元栃木)やMF関雅至(元Honda FC)を擁した00年大会で大社高(島根)をPK戦で破って1勝。セルビアやイスラエルでプレーしているMF村山拓哉が2年時の06年大会、森岡が2年時の08年大会はいずれも初戦で敗れている。

 京都府勢は09年大会で久御山が勝利するまで、01年から08年まで8年連続で初戦敗退だった。伝統校の洛北高は01年と04年に出場。01年大会は武南高(埼玉2)から2度リードを奪ったが、追いつかれてPK戦で敗退。FW沖一真(→びわこ成蹊スポーツ大)が主将を務めた04年大会は作陽高(岡山)に競り負けた。

 02年にはMF阪田章裕(現福島)を擁した平安高(現龍谷大平安高)、03年には向陽高、05年には伏見工高、07年には京都橘高が初出場した。平安は境高(鳥取)に3点を先取されて敗れ、向陽はFW西岡憂紀(→関西大)の2ゴールなどで2点をリードしながらも厚木北高(神奈川2)に追いつかれてPK戦で敗戦。伏見工は後半終了間際に与えたPKによって松山工高(愛媛)に0-1で敗れ、京都橘も初陣は桐生一高(群馬)に1-3で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ京都府代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:久御山高(5)
1回戦 2-1 浦和東高(埼玉1)
2回戦 5-0 流通経済大柏高(千葉2)
3回戦 2-2(PK4-5)米子北高(鳥取)

[2008年]
代表校:久御山高(4)
1回戦 1-2 正智深谷高(埼玉3)

[2007年]
代表校:京都橘高(初)
1回戦 1-3 桐生一高(群馬)

[2006年]
代表校:久御山高(3)
1回戦 1-4 帝京高(東京2)

[2005年]
代表校:伏見工高(初)
1回戦 0-1 松山工高(愛媛)

[2004年]
代表校:洛北高(9)
1回戦 1-2 作陽高(岡山)

[2003年]
代表校:向陽高(初)
1回戦 3-3(PK2-4)厚木北高(神奈川2)

[2002年]
代表校:平安高(初)
1回戦 1-3 境高(鳥取)

[2001年]
代表校:洛北高(8)
1回戦 2-2(PK6-7)武南高(埼玉2)

[2000年]
代表校:久御山高(2)
1回戦 2-2(PK6-5)大社高(島根)
2回戦 0-1 富山一高(富山)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP