beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ兵庫県代表成績_FW岡崎慎司主将の04年滝川二、FW伊佐耕平の09年神戸科学技術が全国8強

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW岡崎慎司滝川二高の全国8強入りに貢献。(写真は03年大会。写真協力=高校サッカー年鑑)

[2000~2009年のインターハイ兵庫県代表校成績]

 2000~2009年のインターハイ兵庫県代表には滝川二高が7度輝いている。FW岡崎慎司(現ウエスカ)が主将を務め、FW木島悠(元大分)、2年生FW森島康仁(現藤枝)、2年生MF内田昂輔(元大分)、1年生GK清水圭介(現京都)を擁していた04年大会は、初戦で流通経済大柏高(千葉2)に4-1で快勝。2回戦でも岡崎慎の先制ヘッドを皮切りに西武台高(埼玉1)から5ゴールを奪って5-2で撃ち勝った。そして、3回戦では岡崎慎と木島がともに2得点ずつ奪うなど盛岡商高(岩手)に8-2で大勝。だが、国見高(長崎)との準々決勝では1点を奪えず、0-0で突入したPK戦で森島と岡崎慎が外して惜敗している。

 滝川二はMF春永代志主将(元神戸)やFW小山拓土(元徳島)が3年時の00年大会で3回戦進出。だが小山の2ゴールなどでリードしながらも清水市商高(静岡)に逆転負けした。DF河本裕之(現大宮)や2年生FW岡崎の03年大会も2勝したが、3回戦で河本が先制ヘッドを決めながらも帝京高(東京1)に2点を奪い返されて1-2で逆転負けしている。02年大会は岡崎慎の兄・FW岡崎嵩弘の2ゴールで1勝。01年大会とDF中西隆裕主将の08年大会も1勝している。森島や内田が3年時の05年大会は初戦で鹿島高(茨城)に逆転負けしている。

 神戸科学技術高は06年の初出場を皮切りに07年、09年にも出場した。MF洞ヶ瀬太一(→関西国際大)とFW伊佐耕平(現大分)を中心とした09年大会では伊佐の2試合連続ゴールとPK戦2試合を突破する粘り強さで躍進。初のベスト8へ進出し、準々決勝でも前橋育英高(群馬)と1-2の接戦を演じている。神戸科学技術はDF金正也主将(現仙台)の06年大会で初勝利。2年生FW須ノ又諭(現FC大阪)の先制ゴールなどで湯本高(福島)に2-1で競り勝った。須ノ又が主将を務めた07年大会は初戦で香川西高(香川)にPK戦で敗れている。

以下、00~09年のインターハイ兵庫県代表校成績 ※()内は出場回数

[2009年]
代表校:神戸科学技術高(3)
1回戦 4-1 星稜高(石川)
2回戦 1-1(PK5-3)日本航空高(山梨)
3回戦 0-0(PK4-3)岐阜工高(岐阜)
準々決勝 1-2 前橋育英高(群馬)

[2008年]
代表校:滝川二高(18)
1回戦 3-1 米子北高(鳥取)
2回戦 0-1 大阪桐蔭高(大阪2)

[2007年]
代表校:神戸科学技術高(2)
1回戦 1-1(PK2-4)香川西高(香川)

[2006年]
代表校:神戸科学技術高(初)
1回戦 2-1 湯本高(福島)
2回戦 0-3 真岡高(栃木)

[2005年]
代表校:滝川二高(17)
2回戦 2-3 鹿島高(茨城)

[2004年]
代表校:滝川二高(16)
1回戦 4-1 流通経済大柏高(千葉2)
2回戦 5-2 西武台高(埼玉1)
3回戦 8-2 盛岡商高(岩手)
準々決勝 0-0(PK4-5)国見高(長崎)

[2003年]
代表校:滝川二高(15)
1回戦 3-1 水橋高(富山)
2回戦 1-1(PK5-3)星稜高(石川)
3回戦 1-2 帝京高(東京1)

[2002年]
代表校:滝川二高(14)
1回戦 2-0 愛工大名電高(愛知2)
2回戦 1-1(PK3-4)帝京高(東京1)

[2001年]
代表校:滝川二高(13)
1回戦 6-0 武蔵工大二高(長野)
2回戦 0-1 韮崎高(山梨)

[2000年]
代表校:滝川二高(12)
1回戦 2-1 秋田商高(秋田)
2回戦 4-0 水戸短大附高(茨城)
3回戦 3-4 清水市商高(静岡)

FW伊佐耕平を擁した09年の神戸科学技術高も8強。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP