beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ長崎県代表成績_FW平野皓巴活躍の海星とFW安藤瑞季連発の長崎総科大附が8強

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年大会は長崎日大高が2年連続となる出場。0-1で初戦敗退に終わった。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ長崎県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ長崎県代表は14年の海星高と、17年の長崎総合科学大附高のベスト8が最高成績だ。14年大会の海星は、初戦で福井工大福井高(福井)と対戦し、MF森岡惇の勝ち越しゴールなどによって5-1で逆転勝ち。2回戦はGK宇野孝良の活躍によって高岡一高(富山)にPK戦で競り勝った。そして3回戦では、1年生MF永峰慎也らのチャンスメークから注目エースFW平野皓巴(→城西国際大)が4ゴールの大爆発。仙台育英高(宮城)を6-1で下して準々決勝へ進出した。大津高(熊本)に0-5で完敗したが、初の8強入りを果たしている。

 17年大会の長崎総科大附はFW荒木駿太(現駒澤大)の2ゴールなどによって徳島市立高(徳島)との初戦を3-0で快勝。2回戦も荒木の2ゴールやエースFW安藤瑞季(現町田)の直接FK弾などによって4-1で東海大仰星高(大阪1)に勝利する。DF田中純平主将(現福岡大)やDF嶋中春児(→国士舘大)らが支える長崎総科大附は、尚志高(福島)との3回戦も安藤の決勝点によって1-0で勝利。流通経済大柏高(千葉1)と対戦した準々決勝もロングスローから安藤のゴールで先制したが、優勝校に1-2で逆転負けした。

 海星は11年大会でもベスト16。刈谷高(愛知2)との初戦をPK戦の末に制すと、2回戦ではFW春田慎也の3得点によって香川西高(香川)に3-0で快勝した。13年大会は初戦敗退。長崎総科大附はFW吉岡雅和(現長崎)が3年生、FW安藤翼(現八戸)が1年生だった12年大会で初出場。初陣は高知高(高知)にPK戦で敗れた。MF薬真寺孝弥(現駒澤大)やMF前野翔伍(現福岡大)、FW宇高魁人(現東京国際大)らを擁した16年大会は宇高の2ゴールなどで高知商高(高知)に4-1で快勝したが、2回戦で滝川二高(兵庫)に敗れている。

 長崎日大高は18年と19年に連続出場。18年大会初戦は盛岡商高(岩手)に2点をリードされながらも、後半アディショナルタイムにMF牧村拓主将(現中央大)がPKを決めて同点に追いつく。そしてPK戦では2年生GK前田祥が完封し、5回目の出場で全国初白星を飾った。続く3回戦は後半の3失点によって富山一高(富山)に敗戦。続く19年大会はFW山崎光主将を中心に勝利を目指したが、米子北高(鳥取)に0-1で敗れている。

 名門・国見高は10年大会が現時点で最後のインターハイ出場。MF大町将梧(現Honda FC)やFW柴田隆太朗(元松本)、2年生FW高橋諒(現松本)が先発に名を連ねていた国見は、初戦で明徳義塾高(高知)に2-0で勝利。だが、2回戦で流経大柏に0-3で敗れている。15年大会でFW早川祥平主将やCB太田晃輔(現関西学院大)を中心とした長崎南山高が初出場。帝京三高(山梨)からFW田島凌が1点を奪ったが、1-3で敗れている。

以下、10年以降のインターハイ長崎県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:長崎日大高(6)
2回戦 0-1 米子北高(鳥取)

[2018年]
代表校:長崎日大高(5)
2回戦 3-3(PK3-0)盛岡商高(岩手)
3回戦 0-3 富山一高(富山)

[2017年]
代表校:長崎総合科学大附高(3)
1回戦 3-0 徳島市立高(徳島)
2回戦 4-1 東海大仰星高(大阪1)
3回戦 1-0 尚志高(福島)
準々決勝 1-2 流通経済大柏高(千葉1)

[2016年]
代表校:長崎総合科学大附高(2)
1回戦 4-1 高知商高(高知)
2回戦 0-1 滝川二高(兵庫)

[2015年]
代表校:長崎南山高(初)
2回戦 1-3 帝京三高(山梨)

[2014年]
代表校:海星高(5)
1回戦 5-1 福井工大福井高(福井)
2回戦 0-0(PK4-2)高岡一高(富山)
3回戦 6-1 仙台育英高(宮城)
準々決勝 0-5 大津高(熊本)

[2013年]
代表校:海星高(4)
1回戦 1-4 國學院久我山高(東京2)

[2012年]
代表校:長崎総合科学大附高(初)
1回戦 1-1(PK6-7)高知高(高知)

[2011年]
代表校:海星高(3)
1回戦 1-1(PK6-5)刈谷高(愛知2)
2回戦 3-0 香川西高(香川)
3回戦 0-4 静岡学園高(静岡)

[2010年]
代表校:国見高(20)
1回戦 2-0 明徳義塾高(高知)
2回戦 0-3 流通経済大柏高(千葉1)

FW安藤瑞季長崎総合科学大附高を牽引し、全国8強。(写真協力=高校サッカー年鑑)

海星高はFW平野皓巴の活躍などによって14年大会で8強。(写真協力=高校サッカー年鑑)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP