beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「選手を混乱させる意図で…」“笛の音まね”でアギーレが退席に

このエントリーをはてなブックマークに追加

退席となったハビエル・アギーレ監督(左)

 16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節でバルセロナと対戦したレガネスは0-2の完封負けを喫した。後半アディショナルタイムにはハビエル・アギーレが退席しているが、その理由は「笛の音まね」だったという。スペイン『アス』や『マルカ』が報じている。

『アス』によると、試合中には複数の機会で“第2の笛”が吹かれ、テレビやラジオの解説者を混乱させていたという。そして、マルティネス・ムヌエラ主審から警告を受けていたにも関わらず、アギーレ監督は「選手たちを混乱させる意図で(審判の)笛の音をまねた口笛を鳴らす」ことを繰り返したことで退席を命じられたようだ。

 なお、退席が命じられる直前のプレーでは、右サイドから切れ込んだFWリオネル・メッシの浮き球のパスから、FWルイス・スアレスがフリーでPA内に走り込んでいたがフィニッシュに失敗。直後にムヌエラ主審からアギーレ監督にレッドカードが提示された。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP