beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高円宮杯プレミアリーグの中止が決定…今季限定プレミア&プリンス合同リーグ開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季は青森山田高がファイナルを制覇

 日本サッカー協会(JFA)は19日、「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020」の中止を発表。中止に伴い、プレミアリーグ所属の20チームが「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020」に加わる2020年度限定の合同リーグ創設準備を各地域で始めたことも伝えている。

 JFAは今回の中止について、新型コロナウイルスの影響によるものと説明。「協議を続けてきましたが、全国をまたぐ移動による感染リスクを払拭できないことから、選手たちの安全を第一に考えた結果、中止することを決定しました」とコメントしている。この中止で、東西リーグの優勝チームによる日本一決定戦「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 ファイナル」とプレミアリーグ昇格を決める「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 プレーオフ」も中止となる。

 また、今年度限定でプレミアリーグ所属20チームがプリンスリーグ各9地域(88チーム)に加わることも同時に発表。「新型コロナウイルスの感染拡大の第2波、第3波の影響や移動による感染リスクを考慮しながらも、プレミアリーグの中止によって選手のゲーム環境が失われることのないよう、地域内のプレミア・プリンス合同リーグとして新たな形でスタートします」と述べている。

 今年度限定の合同リーグはプレミアリーグ20チームとプリンスリーグ88チームの計108チームが9地域に分かれて開催。現行のプリンスリーグにその地域に所属するプレミアリーグチームが参入する形となる。開催日程は8月下旬から12月下旬までの予定となっている。

 JFAの林義規副会長は今回の中止について「ゲーム環境プロジェクト、2種大会部会、プレミアリーグ代表者会議を3月から複数回開催し、検討を重ねてきました」と経緯を説明。「非常に難しい判断ではありましたが、このような形で苦渋の決断をせざるを得ませんでした。リーグ開催可否の判断が遅れると、新たな大会を作るという時間がなくなってしまうと考えたからです」と中止に至った理由を語る。そして合同リーグについても言及した。

「このような状況下、地域の方々から『全国リーグができないなら地域単位で選手たちの試合環境を創り出してあげよう』と声をあげてきてくれました。選手の楽しみや成長を奪うことはできるだけ避けたいという我々の想いと、この難局を一緒に乗り切ろうという地域でサッカーを支えてくれている皆様の熱い想いが合致して、今回の新しい形でのリーグが開催される運びとなりました」

「今後も感染リスクがゼロになることは考えられませんが、安全面を第一優先としつつ、選手たちにサッカーをプレーできる環境を与えることができるように、引き続き努力していきたいと思います」

 プレミアリーグ所属チームがない北海道や北信越、四国地域は「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020」を開催。合同リーグの大会名称や開催日程等は決まり次第、発表される。

以下、今季の高円宮杯プレミアリーグ所属20チーム
▼EAST
青森山田高(青森県)
浦和レッズユース(埼玉県)
大宮アルディージャU18(埼玉県)
市立船橋高(千葉県)
柏レイソルU-18(千葉県)
流通経済大柏高(千葉県)
FC東京U-18(東京都)
横浜F・マリノスユース(神奈川県)
横浜FCユース(神奈川県)
清水エスパルスユース(静岡県)

▼WEST
ジュビロ磐田U-18(静岡県)
名古屋グランパスU-18(愛知県)
京都サンガF.C.U-18(京都府)
ガンバ大阪ユース(大阪府)
セレッソ大阪U-18(大阪府)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)
サンフレッチェ広島ユース(広島県)
東福岡高(福岡県)
サガン鳥栖U-18(佐賀県)
大津高(熊本県)

●高円宮杯プレミアリーグ2020特集

TOP