beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

Jリーグ賞金の50%減額が正式決定…MVPなど個人表彰も対象

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季の最優秀選手を受賞したFW仲川輝人がA代表活動で不在のため、代理でトロフィーを受け取ったMF扇原貴宏

 Jリーグは23日、2020シーズンのチーム表彰・個人表彰の賞金を例年の50%とすることが決まったと発表した。すでに16日の臨時実行委員会で村井満チェアマンから方針が明らかにされていたが、同日の理事会で正式に承認された。減額分は資金難が懸念されるクラブを救済する補填金の財源となる。

 Jリーグでは今季、J1優勝チームに3億円、2位に1億2000万円、3位に6000万円の賞金が贈られるレギュレーションだったが、優勝チームに1億5000万円、2位に6000万円、3位に3000万円にそれぞれ変更。J2は優勝が1000万円、2位が500万円、3位が250万円、J3は優勝が250万円、2位が125万円となる。

 ルヴァン杯も優勝チームが1億5000万円から7500万円、2位が5000万円から2500万円、3位が2000万円から1000万円に減額。フェアプレー賞もJ1が250万円(3クラブ)、J2が125万円、J3が50万円とそれぞれ半額になる。

 また個人表彰もJ1の最優秀選手が100万円、ベストイレブンがそれぞれ50万円、得点王が50万円、最優秀ゴール賞が25万円、ベストヤングプレーヤー賞が25万円、フェアプレー個人賞が25万円、優勝監督賞が50万円、優秀監督賞が25万円とそれぞれ半額に。下部カテゴリも同様にJ2の優勝監督賞が25万円、優秀監督賞が12万5000円、J3の優勝監督賞が10万円、優秀監督賞が5万円となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP