beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

佐々木則夫氏も登場…大学生アスリートのキャリア形成を目的とした「デュアルキャリアプログラム」が先行公開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前女子サッカー日本代表監督の佐々木則夫氏も参加

 一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は1日、株式会社マイナビが運営する『マイナビアスリートキャリア』と共同開発したデュアルキャリア形成支援オンラインサービス「デュアルキャリアプログラム」の一部コンテンツを、今月1日から下旬までUNIVAS公式サイトで限定公開することを発表した。同サービスは7月下旬から大学運動部の学生を対象に開始を予定している。

 UNIVASは、運動部の学生が大学における学業を通じた専門性の習得・学生生活での学びや運動部活動を通じて、自身のキャリアを豊かにするために様々なことを取り組む「デュアルキャリア」を形成することで、社会で活躍できる人材を輩出したいと考えており、マイナビとの協力のもと、3月31日には新入生に向けて「デュアルキャリアプログラム」入学準備編を公開している。

 さらに、対象を在学中の運動部学生とし、デュアルキャリア形成支援を目的とした「デュアルキャリアプログラム」の提供が7月下旬から開始。プログラムは「オンラインセミナー」「キャリア適性診断」「キャリア相談窓口」の3つのサービスから構成される。

 オンラインセミナーは、経済産業省が定義する「人生100年時代の社会人基礎力」の3つの能力、12の能力要素をベースにした12のテーマで、1テーマ4か月で年次別のテーマを実施。このシーズンでは「計画力」「主体性」の2テーマに取り組み、その理解促進を図るために前女子サッカー日本代表監督の佐々木則夫氏も参加。これまでの経験を振り返りながら、キャリア(人生)の形成についてアドバイスを聞くことができる。また、8月以降は、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏やWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手も登場予定となっている。

■「デュアルキャリアプログラム」サービスについて
大学スポーツに携わる運動部学生が、自身の競技力及び運動部活動の活性化・チーム力向上とともに、個々人の「スポーツで培った能力を社会で活かし、活躍できる能力」を向上させることを目的としたデュアルキャリア形成支援サービスであり、大きく3つのサービスから構成される。

①オンラインセミナー
ひとつのテーマにおいて「動画視聴・ワーク・レポート提出・アクション・振り返り」を続けて実施する受講フローになっており、日々取り組んでいる部活動内で活かせるコンテンツを用意している。

②キャリア適性診断
「キャリア適性診断」を毎年1回受検することが可能。今の自分を知るための自己分析と、今後自分が進んでいく方向を考えるための指針に関する情報を、さまざまな角度から得ることができる。

③キャリア相談窓口
学生が将来の悩みや就職活動に関する相談をすることができる「キャリア相談」窓口を設置。「キャリア相談」では、UNIVASのパートナー企業であるマイナビアスリートキャリアの専門コンシェルジュが無料で相談対応する。

【キャリア相談窓口】
https://athlete-career.mynavi.jp/contact_univas/


●UNIVAS運動部学生向け会員サービス「デュアルキャリアプログラム」先行公開
今回、7月下旬からの利用開始に先駆けて、運動部学生が視聴する各テーマの説明動画の一部をUNIVAS公式サイトで先行公開する。

【URL】
https://www.univas.jp/article/14072/
※デュアルキャリアプログラムのすべてのサービスを受講するには、「UNIVAS ID」への登録が必要。「UNIVAS ID」は、UNIVAS に加盟している大学もしくは競技団体に所属する運動部の部員並びに関係者が登録できる。

TOP