beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[和倉ユース]山口U-18は2年生MF林陸也がファインゴール。「自分も2種登録でトップにかかわれるような選手に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半16分、レノファ山口FC U-18MF林陸也が右足コントロールショットでゴール

[8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場]

 レノファ山口FC U-18はMF林陸也(2年)が意地の1点を奪った。0-3の後半16分、左サイドからのパスを受けた林はファーストタッチがやや足元に入りすぎたように映ったが、すぐに立て直して右足一閃。ミドルレンジからゴール右上隅に見事なコントロールショットを決めて見せた。

「置きどころは悪かったんですけれども、練習していて好きな位置だったので決めることができました。1日目で点が取れて、そこから2、3日目と不調が続いたんですけれども最終日にこうやってまた点が取れたので良かったです」

 林は技術と運動量を兼ね備えた好選手。昨年の国体少年男子の部でV候補の大阪府から決勝点を決め、3位決定戦でも決勝アシストを記録するなど、山口県選抜にとって過去最高成績となる3位に貢献しているアタッカーが得点力を示した。

 今大会はプリンスリーグ関東の矢板中央高(栃木)やプリンスリーグ関西の履正社高(大阪)、選手権出場校の日大藤沢高(神奈川)、鵬学園高(石川)、伝統校の桐蔭学園高(神奈川)という関東、北陸、関西の強豪校と対戦。「2年生でこういう大会に出させてもらったというのは凄く良い経験になると思う」。見つかった課題を改善し、個を伸ばす。

 約10か月前の国体でともに活躍した2年生FW河野孝汰が山口トップチームからJ2デビューし、J2最年少ゴールを記録。「自分も2種登録でトップにかかわれるような選手になりたい。パスや得点能力というところでアピールしたいです」という林が、和倉ユース大会での経験も力に成長し、チャンスを掴む。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
第8回和倉ユースサッカー大会2020特設ページ

TOP