beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊東純也が決勝PK獲得に絡んだゲンク、逆転で開幕戦勝利! 小林祐希欠場のベフェレンも快勝で白星スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝利に貢献したFW伊東純也

[8.9 ベルギー・リーグ第1節 ズルテ・ワレヘム1-2ゲンク]

 ベルギー・リーグ第1節が9日に開催された。FW伊東純也の所属する昨季7位のゲンクは敵地で同9位ズルテ・ワレヘムと対戦し、2-1で逆転勝利。スタメン起用された伊東は右サイドで存在感を示し、フル出場で白星スタートに貢献した。

 2シーズンぶりのリーグタイトル奪還を目指すゲンクは前半41分、ズルテ・ワレヘムのCKからDFオリビエ・デシャハトに先制点を献上。それでも右サイドの伊東が突破やクロスなどでチャンスを量産すると、後半28分にゴール前のこぼれ球に反応したFWエベレ・ポール・オヌアチュが決め、1-1と同点に追いつく。

 後半33分にはPA右角付近から伊東が右足でクロスを供給。このボールがオヌアチュと競り合ったDFの手に当たり、PK判定となる。同34分、PKキッカーを務めたFWシリール・デセルスが右足でゴール右に沈め、ゲンクは逆転に成功。そのままリードを守り、2-1で開幕戦を制した。

 また、他会場ではMF小林祐希所属の昨季16位ベフェレンがアウェーで同11位コルトライクと対戦し、3-1で快勝。ベンチスタートの小林に出番はなかった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP