beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏ではオルンガの控え…横浜FMでベール脱いだJ・サントスが圧巻2発「個人技も武器」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスFWジュニオール・サントス

[8.19 J1第11節 清水3-4横浜FM アイスタ]

 柏レイソルでは満足に出場機会を得られなかったストライカーが新天地でベールを脱いだ。横浜F・マリノスFWジュニオール・サントスは加入後初先発となった清水戦で、開始早々に決まった50mのドリブルシュートを含む圧巻の2ゴール。いずれの得点も個人技で決着がついており、Jリーグ王者に見初められた能力の高さをさっそく見せつけた。

 188cmの長身を誇るJ・サントスは昨夏、当時J2リーグ所属だった柏に加入。それでもエースストライカーの座には今季のJ1リーグでも猛威を奮っているFWオルンガが君臨しており、8試合の出場機会(うち先発は2試合)で一つもゴールを挙げることはできなかった。オルンガが柏に残った今季もそうした流れは変わらず、柏での出番は第3節横浜FC戦で後半28分からピッチに立ったのみだった。

 すると今夏、昨季Jリーグ王者の横浜FMから声がかかり、前節の大分戦で後半29分から新天地デビュー。そして中3日で迎えたこの日、早くも初先発の機会が訪れた。

 J・サントスは「なかなか公式戦に出られず、ピッチから離れていたので戦術理解は難しかった」と前節を振り返りつつ、横浜FMのスタイルである「ボールを持っていない時にプレスを強くかけること、持っている時に相手陣地で素早くボールを持ってテンポを上げること」という約束事を意識して臨んだという。

 前半2分、さっそく違いを見せた。MF喜田拓也の縦パスを自陣に受けて収めると、右回りのターンからハーフウェーラインを越えて敵陣に突破。まずは寄せてきたMFヘナト・アウグストは左半身で制し、続いてDFファン・ソッコを抜き去りながらペナルティエリア右に駆け上がると、身体は外に流れていたが右足を一閃。約50mをドリブルで切り裂いての強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。

 さらに2-2で迎えた後半39分には、MF渡辺皓太からの縦パスを相手守備ブロックの前で収めると、今度は対面に立ったDFヴァウドの股を開かせてグラウンダーシュート。これもファーポスト脇に突き刺し、勝ち越しゴールを奪った。チームはさらに1点を追加し、4-3で打ち合いに勝利。3試合ぶりの白星を収めた。

 それでもJ・サントスは試合後のオンライン取材で、今後に向けての伸びしろを強調した。「戦術理解というところでは、来てすぐに公式戦だったのでフィットするにはもう少し間隔があるかもしれない。また公式戦から離れていたのも大きい。こんなに試合に出たのは久しぶりなので、試合を重ねていけば成長すると思うし、フィットしてチームに貢献できると思う」。そう語った25歳は横浜FMのスタイルと重ねながら次のように先を見据える。

「今後は個人技でフィットすると思う。マリノスはボールキープして相手を疲れさせてとどめを刺すところはフィットしているし、自分がボールを持った時の個人技も武器になると思う。またサイドでボールを持った時にペナルティエリア内に侵入するところは持ち味なので、僕にボールが渡った時にしっかり決められれば」。

 新天地の環境については「一体感があるチーム」と評し、「僕が来てビックリしたのはスタメン組やベンチ組というのがないところ。みんな準備ができているのでそこがすごい」とすでに好感触を得ている様子。3トップの中央はFWエジガル・ジュニオ、FWエリキ、FWオナイウ阿道らがひしめく激戦区のポジションだが、異例の加入を経てきたストライカーが初先発の舞台で大きな存在感を見せた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第11節 スコア速報

TOP