beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテル指揮官と“ケンカ”…セビージャMFバネガ「カツラかどうかを…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発フル出場したMFエベル・バネガ(右)

[8.21 EL決勝 セビージャ3-2インテル]

 セビージャのMFエベル・バネガインテルアントニオ・コンテ監督に向けて行ったジェスチャーが物議を醸している。スペイン『マルカ』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト 』の報道を基に「バネガとコンテのケンカ」と題して伝えた。

 発端となったのは、1-1で迎えた前半16分のシーンだ。インテルMFニコロ・バレッラがPA内で浮き球のパスを出すと、セビージャDFディエゴ・カルロスの左手を直撃。インテル陣営は一様に、先制点に続く2度目のPKをアピールしたが、主審は意に介さず。すると、テクニカルエリアで執拗に抗議していたコンテ監督に対し、バネガが髪に手を当ててからかうようなジェスチャーを見せた。

 同紙によると、バネガはコンテ監督に「カツラかどうか見てみよう」と言い放っていたという。これに激昂したインテル指揮官が「後で、外で待っている」と返したことも伝えられている。

 最終的にインテルのPKは認められず、コンテ監督にはイエローカード。試合はセビージャが3-2で競り勝ち、史上最多6度目の優勝を果たした。イギリス『メトロ』によると、試合後にバネガとの口論について尋ねられたコンテ監督は「私はサッカー選手だったので、ピッチで起こったことはピッチだけにとどめている」と、多くは語らなかったようだ。

●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●ラ・リーガ2020-21特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP