beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーキーMF三笘薫が逆転導く2発!! 首位独走の川崎F、王者・横浜FMも3発撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた川崎フロンターレMF三笘薫

[9.5 J1第14節 横浜FM1-3川崎F 日産ス]

 J1リーグは5日、第14節を各地で行い、首位を独走している川崎フロンターレ横浜F・マリノスを3-1で破った。前半2分にサイド攻撃から失点したが、今季通算8ゴール目となるMF三笘薫の2得点などで逆転。今季15試合中9試合目となる3得点以上を挙げての勝利で、昨季王者を相手に圧倒的な強さを見せつけた。

 ミッドウィークに行われたルヴァン杯準々決勝から中2日で迎える一戦。ホームの横浜FMは先発6人を入れ替え、GK朴一圭、DFチアゴ・マルチンス、DF畠中槙之輔、MF扇原貴宏、MFマルコス・ジュニオール、FWジュニオール・サントスが続けて先発した。対する川崎FはDFジェジエウ、DF谷口彰悟、DF山根視来、MF守田英正、MF大島僚太、MF家長昭博が連続スタメンとなった。

 前半2分、さっそくスコアが動いた。横浜FMはDF小池龍太のスルーパスにFW松田詠太郎が抜け出すと、右サイドの深い位置からマイナス方向へのクロスを配給。ニアゾーンに立っていた守田の伸ばした足をすり抜けたボールはゴール前に転がり、後方から走り込んできたマルコスが右足ワンタッチでゴール左隅に流し込んだ。

 ビハインドを負った川崎Fも前半5分、谷口のダイレクトフィードから三笘が左サイドを抜け出し、ドリブルでゴール前まで突破。シュートも打てる中でクロスを選んでチアゴに阻まれたものの、横浜FMの弱点となるサイド裏から良い形をつくった。川崎Fは17分にも山根のクロスからFWレアンドロ・ダミアンが惜しいヘディングシュートを放った。

 横浜FMは前半18分、ジェジエウのパスをカットした小池を起点にカウンターを開始し、ドリブルでしかけた松田がDF車屋紳太郎に倒されてゴール正面でFKを獲得。車屋にはイエローカードが提示された。飲水タイム明けは引き続き川崎Fが主導権をキープ。背後をうまく使った縦パスからのクロス攻撃で好機をつくり、次第にゴールに近づいていった。

 前半27分、川崎Fは谷口のパスミスから大きなピンチ。ボールを奪ったJ・サントスとFWエリキが鋭いドリブルで攻め込んできた。だが、最後はジェジエウが深いスライディングタックルでこれを阻止し、2失点目は免れた。すると33分、大島が敵陣でタメをつくって脇坂が左に送ると、フリーの三笘がドリブルを開始。細かいタッチで相手と駆け引きし、最後はチアゴの股を抜いてゴール右隅に突き刺した。

 前半は1-1で終了。それでも後半は川崎FがMF脇坂泰斗とダミアンに代わってFW小林悠とFW旗手怜央を投入すると、ここから一気に畳みかけた。まずは2分、谷口の縦パスから左サイドを大島が突破し、ゴール前へのグラウンダークロスを家長が押し込み勝ち越し。さらに5分、三笘のフィードを受けた旗手のクロスを三笘が右足ダイレクトで決め、瞬く間に2点のリードを奪った。

 横浜FMは後半12分、MF天野純、エリキ、松田を下げてMF喜田拓也、FW仲川輝人、FW前田大然を一気に投入。その後は相手ゴール前に圧力をかけるシーンが続いた。川崎Fも25分、守田のフィードを受けた三笘が華麗なフェイントから対面の小池を抜き去り、絶好の形でシュート。ところがこれが枠を外れると、32分にも小林が左からのクロスを押し込んだがオフサイドと判定され、追加点とはならなかった。

 横浜FMは後半44分、右サイド攻撃からマルコスが左足で狙ったが、山根が身をていしてブロック。絶好のチャンスを活かせなかった。試合はそのままタイムアップ。第12節の名古屋戦(●0-1)、前倒し開催となった第24節の神戸戦(△1-1)での足踏みから立ち直った川崎Fが昨季のJ王者を破り、公式戦3連勝を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第14節 スコア速報

TOP