beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプール南野拓実、FWフィルミーノとの連係で1G1A! プレミア開幕先発へ上々アピール

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.5 PSM リバプール7-2ブラックプール]

 MF南野拓実所属のリバプールは6日、イングランド3部のブラックプールとプレシーズンマッチを行い、7-2で勝利した。トップ下で先発した南野は1ゴール1アシストを記録したほか、多くの攻撃に関わる好パフォーマンスを披露。今月12日に控えるプレミアリーグ開幕に向けて上々のアピールとなった。

 リバプールは前半15分、中盤でボールを奪われてカウンターで失点すると、33分にもGKアリソン・ベッカーが与えたPKを決められ、前半のうちに2点のビハインドを負う厳しい立ち上がり。それでも43分、南野のショートコーナーからMFジェームズ・ミルナーがクロスを上げると、DFジョエル・マティプが高い打点からのヘディングで決めて1点を返した。

 すると後半は一方的にリバプールが攻め込んだ。まずは7分、新加入MFセップ・ファン・デン・ベルフの浮き球パスに抜け出した南野のトラップは乱れたが、これを奪い返したFWサディオ・マネが決めて同点。さらに9分、南野がペナルティエリア右からシュートを狙うと、これをFWロベルト・フィルミーノが軌道を変えて押し込む。フィルミーノは笑顔で南野に話しかけ、抱き合って喜ぶ姿を見せた。

 さらに後半14分、FWディボック・オリギのスルーパスからMFハービー・エリオットが決めて4点目。26分にはスルーパスに抜け出したフィルミーノの横パスが南野に通ると、南野は落ち着いたトラップから相手をかわし、冷静にゴール左隅を撃ち抜いた。南野は8月29日のコミュニティ・シールドに続く連続得点となった。

 5-2で大量リードを確保したリバプールだが後半40分、南野がバイタルエリアでボールをキープし、右サイドにつないで攻撃を展開すると、クロスからオリギが決めて6点目。43分には南野のショートコーナーを起点にMFナビ・ケイタがフィードを送ると、エリオットの折り返しにファン・デン・ベルフが反応し、7点目を押し込んだ。試合はそのまま終わり、南野はフル出場も果たした。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP