beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ノルウェー代表指揮官がホーランドを称賛「あの2人と並ぶポテンシャルがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェー代表指揮官がでA代表初ゴールを決めたFWアーリング・ホーランドを称賛

 ノルウェー代表のラーシュ・ラーゲルベック監督が、ドルトムントのFWアーリング・ホーランドついて、「FWリオネル・メッシやFWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶポテンシャルがある」と語った。イギリス『スカイスポーツ』が6日に伝えている。

 ノルウェー代表は4日、UEFAネーションズリーグ第1戦でオーストリア代表と対戦した。この一戦で、ホーランドがA代表初ゴールを記録。左サイドからのグラウンダーのクロスに対して走り込み、左足のインサイドで、ゴール右隅に流し込んだ。デビューから3試合目でのゴールだった。チームは先に喫した2失点が響き、1-2で敗れたものの、ラーゲルベック監督はホーランドのゴールについて、「頂点を目指す選手の最初のゴールになることを確信している」と話した。

 指揮官はホーランドについて、「彼のことをずっと見ているからそう感じるのかもしれないが、メッシやC・ロナウド以降、若くしてこれほど成熟した選手を見たことがない。非常に特別な選手であり、超一流になる資質をすべて持ち合わせている。オフェンスで使ってボックス内に入れば、彼はすでにトップクラスだ」と称賛。

「もう少しつなぎの部分ではやるべきことがあるかもしれない。だが彼の若さを考えれば、すでに非常に高いレベルでプレーしている。彼がすでに持っている質の高さ、そして集中力の高さを考えれば、怪我の問題がないかぎり、本当にトップクラスの選手になれるだろう」と期待を口にした。

●UEFAネーションズリーグ20-21特集

TOP