beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年超えへ本気。1年生3人も躍動の帝京長岡が新潟明訓との好勝負を制す!

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半22分、帝京長岡高の1年生MF廣井蘭人(30番)が先制ゴール

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 帝京長岡高 2-0 新潟明訓高 帝京長岡高G] 

 13日、高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 北信越のグループA第2節で帝京長岡高(新潟)と新潟明訓高(新潟)が対戦。昨年の優勝チーム・帝京長岡と一昨年優勝した新潟明訓との戦いは、1年生MF廣井蘭人とMF三宅凌太郎(2年)のゴールによって帝京長岡が2-0で勝った。

 帝京長岡は昨年度選手権で新潟県勢初のベスト4。いずれも今年Jデビューを果たしているMF谷内田哲平(現京都)、FW晴山岬(現町田)、DF吉田晴稀(現愛媛)をはじめとするタレント軍団が、技術力と判断力を駆使したサッカーで新潟の歴史を塗り替えた。

 “歴代最強”と言えるチームで新たな一歩を刻んだ帝京長岡は、その最強世代の表現したサッカーを今後のベースにしようという考えだ。あのレベルを“当たり前”にすること。古沢徹監督は「去年と比べると、というところを本人たちに求めて。良い基準だと思いますよ。越えるぞ、と。まだまだ子供ですけれど、去年のヤツらを埼スタに呼べるくらいにしねえと越えられねーぞと言っています」と微笑む。決して簡単なノルマではないはず。だが、その目標に本気で挑戦しているチームは、公式戦で今年の巧さと強さを表現している。

 この日の対戦相手は県内のライバル・新潟明訓。今年4月から指揮を執る坂本和也監督が「(今年は全国で)やりたいです、本当に。どのチームとやっても手応え持てるチームですし、主導権握られていても、握り返せたりとかできるのが今年の良さだと思うので」と口にする好チームだ。怪我明けの俊足FW反町太郎(3年)がベンチスタートだったものの、CB竹内豊主将(3年)や司令塔のMF藤田梢紘(3年)、快足MF内藤大夢(2年)をはじめ戦力充実。その新潟明訓と帝京長岡の一戦は、好勝負となった。

 帝京長岡は昨年からレギュラーのMF川上航立主将(3年)が「前節、(松本)山雅(U-18)とやって自分たちが受け身になっちゃって、自分たちがボールを動かせなくて、今日はミーティングでチャレンジしてミスしても前半からどんどん動かそうという話だった」と説明したように、前半から狭い局面でのパスワークにチャレンジ。1タッチ、2タッチのパスの連続で局面を幾度も打開する。守備能力の高い川上、三宅のところで奪い返しにも成功していた帝京長岡は、今年の持ち味でもある前線の速さも活かした攻撃を見せた。

 この日は酒匂駿太(3年)、上野一心(3年)という実力派のSB2人が怪我で不在だったが、古沢監督が「アイツ一番状態が良いですね。速いし、上下動できる」と推す右SB佐々木奈琉(2年)が序盤からスピードと攻撃力を発揮。22分には佐々木の折り返しからFW梶山はるま(3年)がポスト直撃のシュートを放つなどチャンスに絡んだ。

 一方の新潟明訓は、9分に左サイドから仕掛けたFW斎藤悠吾(3年)のパワーショットがゴールを脅かし、18分には内藤がDFと競りながらクロスを上げ切る。そして、20分には左サイドを抜け出した斎藤がクロスを上げ、内藤が強引に左足を振り切った。新潟明訓は竹内のフィードなどから斎藤や内藤のスピードを活用。また、藤田やMF木下裕介(3年)といった足元の技術高い選手がリズムを変えてボールを動かし、ゴール前のシーンを作り出していた。

 雨が強くなりだした前半30分以降は試合が膠着。後半に入ると、守備の距離感を修正し、前から連動してプレッシャーをかける新潟明訓が攻勢に出た。FW阿部凛太郎(3年)のインターセプトから内藤がシュートを撃ち込んだほか、内藤の突破からチャンスも。だが、帝京長岡は佐々木、先発起用に見事応えたCB笠井冠晟(1年)、長身レフティーCB松村晟怜(2年)、信頼度高い左SB桑原航太(1年)の下級生4バックが決定打を打たせない。

 逆にFW葛岡孝大(3年)や川上の背後へ飛び出す動きでチャンスを作り返した帝京長岡は22分、川上の展開から左の葛岡が中央へパス。最後は、MF糸永誠也(3年)がPAへ出したラストパスに勢いよく走り込んだ廣井が左足シュートをねじ込んで先制した。相手のキーマン・藤田の背後で揺さぶりを掛けながら、スルーパスや1タッチパスなどを繰り出していた1年生レフティーが大仕事。先制した帝京長岡はさらにプッシュする。

 新潟明訓も凌いでいたが、31分に追加点を奪う。廣井から左中間の糸永へ繋ぐと、川上がこれを追い越す形で最前線へ飛び出す。そして、切り返しから上げたクロスに三宅が体ごと飛び込んでファインゴール。2-0と突き放した。その後、松村の好カバーリングなどでGK二本柳正樹(3年)の守るゴールに相手を近づけなかった帝京長岡が2-0勝利。強敵を破って開幕2連勝とした。

 帝京長岡はこの日、初戦から先発3人をチェンジ。初先発の廣井や笠井が結果を出し、また競争を激しくしている。セカンドチームも県1部リーグで新潟U-18 2ndを6-1で破り、古豪・新潟工高を5-1で下すなど「ギラギラやってくれている」(古沢監督)。全体的にモチベーションが高く、Aチームは昨年以上とも言えるくらいの戦う姿勢を表現。選手権準決勝・青森山田戦の敗戦から学んだものも力にしている。

 古沢監督は「個の部分は強烈ではないですけれども、ハードワークしてチームで共有してという部分でいうと、去年があったから今年が一つアップデートできているのかなと思います」と語り、川上は「(去年を経験して)日本一になりたいという思いはより強くなりました。きょうのミーティングでも確認したんですけど、目指しているところは埼玉スタジアム(決勝)で山田に勝つこと。もっと全員でハードワークして、コミュニケーションを取らないと勝てる可能性は高くないと思うので、まだまだ明日から練習やらないといけない」と力を込めた。まずは、昨年の基準に追いつき、上回ること。そして、勝ち続けて今冬、新たな歴史を刻む。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ
●【特設】高校選手権2020

TOP