beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トッテナム復帰に燃えるベイル「飢えている。結果を出したい。待ち切れないよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

古巣復帰を果たしたFWガレス・ベイル

 トッテナムにFWガレス・ベイルが加入した。レアル・マドリーからの期限付き移籍となり、7シーズンぶりの復帰となる。クラブ公式サイトで、ベイルが心境を明かしている。

 ベイルの背番号は9に決定。「再びこのシャツを着ることができて嬉しい」と喜びを語り、「戻ってきてよかった」と安堵も見せた。現在31歳のベイルはサウサンプトンでプロデビューすると、2007-08シーズンにトッテナムへ。13-14シーズンからはレアルに加入したものの、近年はジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、出場機会が激減していた。

 7シーズンぶりの古巣に戻ったベイルは「私にとって特別なクラブだ」と感慨深げに語る。「いまの私は形作った場所だからね。素晴らしいクラブであり、素晴らしいファンもいる。まさか帰ってこれるとは、信じられないほどです」と喜びを爆発させた。

 待望の復帰を果たし、ベイルはやる気に満ちあふれる。「ここを去ったとき、いつか戻れればとずっと思っていたんだ。その機会に恵まれた。いまがぴったりのタイミングだった。飢えているし、やる気があふれている。早く結果を出したい。スタートが待ち切れないよ」と意気込みを語った。

 なお、『ウェールズ・オンライン』によると、ベイルはトッテナム加入時のメディカルチェックで負傷が発覚。少なくとも復帰まで4週間かかるという。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP