beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野拓実が2ゴール1アシストの大活躍! リバプールはリーグ杯で3部相手に7発快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF南野拓実が2ゴール1アシストの大活躍

[9.24 カラバオ3回戦 リンカーン2-7リバプール]

 カラバオカップは24日に3回戦3日目を行った。MF南野拓実が所属するリバプールリンカーン(3部)に7-2で勝利。南野はフル出場で、2ゴール1アシストを記録した。

 リバプールは20日のリーグ戦第2節・チェルシー戦(○2-0)からメンバーを大幅変更。今季初の先発入りとなった南野はトップ下で起用された。前半9分、PA右手前でFKを得ると、MFジェルダン・シャチリが左足シュートで直接沈め、リバプールが先制に成功する。

 さらに前半18分、南野にゴールが生まれる。PA手前で相手選手がボールをカット。転がったところを南野が勢いよく右足ダイレクトでシュートを放つと、鋭い弾道はゴール右隅に突き刺さった。南野は8月29日のFAコミュニティーシールドでの初ゴール以来、今季2点目となった。

 リバプールのゴールラッシュは続く。前半32分、36分には下部組織出身の19歳MFカーティス・ジョーンズが2得点。4-0で前半を折り返すと、後半開始早々には、南野が相手GKのこぼれ球を押し込んで、この試合で自身2点目。5-0と点差を広げる。

 リバプールは後半15分に失点を喫するも、5-1で迎えた同20分にはMFマルコ・グルイッチが右足ミドルを決めて6-1に。その1分後には2失点目を決められるが、試合終了間際には、南野がカウンターで長距離をドリブル突破。ラストパスを送ると、FWディボック・オリギがPA右から右足ダイレクトでゴール左隅に決め切り、ダメ押しの7点目とした。

 試合はリバプールが7-2で快勝。南野はフル出場で2ゴール1アシストと、勝利に大きく貢献した。4回戦ではアーセナルと対戦する。

●海外組ガイド
●カラバオ杯2020-21特集
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP