beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大卒新人サイドバックが2戦連発!! 鳥栖DF森下「プロの存在意義は結果を残すこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サガン鳥栖のDF森下龍矢

[9.30 第25節前倒し分 横浜FM1-1鳥栖 ニッパツ]

 ポジションはどこであれ結果にこだわる——。そんな決意のこもった2試合連続ゴールだった。

 サガン鳥栖のDF森下龍矢は0-0で迎えた後半4分、味方コーナーキックのこぼれ球が自身の近くにこぼれてくると、自身が持ち味とする「球際の強さ、反応の速さ」を活かして一番にアプローチ。思い切って振り向きざまに右足を振り抜き、豪快なシュートをゴールネットに突き刺した。

 明治大から加入1年目の森下にとって、途中出場からチームの追加点を決めた前節FC東京戦(◯3-0)に続く2試合連続でのゴール。第8節のFC東京戦(◯3-2)でも豪快なミドルシュートを突き刺しており、サイドバックが本職ながらもこれで3ゴール目となった。

 森下はプロ初ゴールを決めたFC東京戦後、オンライン取材の場で「死ぬほどシュート練習していた」と大学時代を回顧し、決定力も自身の持ち味だと誇った。そしてこの日は「僕が求められているもの、プロの世界での存在意義は結果を残すこと、数字だと思っている。プロサッカー選手たるものを見せられてよかった」と熱く語った。

 もっとも、この日は自身のゴールが初めて勝利につながらなかった。負傷のためDF小林祐三との交代で後半30分にピッチを退いた後、チームは同39分に守備陣のミスが出て同点ゴールを献上。森下は「勝てていないので、途中交代も含めてチームに申し訳ない」と責任を語った。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP